浮気調査でできること

自分で尾行は失敗しやすい!素人とプロの浮気調査の違い

更新日:

【自分で尾行を・・と考えるのは危険!失敗しやすい素人の浮気調査】

夫の帰りが急に遅くなった。

または休日出勤や出張が増えた、深夜遅くまで誰かとラインしているようだ・・。

そんな兆候があれば「浮気しているかも!」と不安に思うのは当然ですよね。

中には「だったら仕事帰りに夫を尾行して自分で証拠を掴めばいい!」と安易な気持ちで考える人もいます。

自分で証拠を押さえれば、探偵に支払う費用も掛からないし、この目で確かめることが出来る・・そう思ってしまうのでしょう。

しかし、ここには大きな落とし穴が存在します。

あなたが想像する以上に浮気の尾行調査は難しく、失敗しやすいものだからです。

今回はなぜ自分で尾行すると失敗しやすいのか、素人とプロの調査の違いについて考えてみたいと思います。

自分で夫の尾行をするのは避けた方が良い理由とは

女性

探偵にお金を払う必要がない、しかも友人などに頼むより確実!

自分で夫の尾行をして浮気現場を押さえたい、証拠の写真を撮影したいと考える人も中にはいます。

しかし、妻が夫を尾行するのは想像以上に難しく、失敗する人が後を絶ちません

では、なぜ夫の尾行は失敗しがちなのか?まずはその理由を確認しておきましょう。

尾行がバレやすい

夫の尾行をしよう!そう考えた場合、あなたは変装をして近づこうと考えるはずです。

帽子やウィッグを被ったり、メガネやマスクをして夫の後をつければ夫には気づかれない、尾行は成功する・・そう思ってしまうのではないでしょうか?

しかし、あなたの背格好は夫にとってとても印象に残っています。

夫は浮気相手と会う場合、少なからず周囲を警戒します

あなたや知人などに見られていないか、怪しげな人はいないかと確認します。

毎日顔を見合わせる妻に気が付かない男性はほとんどいません。

あなたが夫の背格好に似た夫を見つけたときに夫のことを連想するように、夫もまたあなたに似た人をあなたに連想します。

妻に尾行されていると気が付けば、夫は浮気相手と会わずにまたは離れてしまい当日のデートはキャンセルすることになるでしょう。

つまり、浮気現場や密会現場を押さえることは出来ません。

そしてあなたに気が付かれていることを知った夫は、以降はもっと巧妙な手段でデートするようになるでしょう。

不審者扱いされる

探偵による尾行追跡調査や張り込み、聞き込みは「探偵業法」で認められた行動です。

届出をきちんと出している者だけが許される行為であることを知らない女性も多くいるので注意が必要です。

つまり、尾行は探偵として届け出た人以外が行えば「違法行為」という扱いになることを覚えておかねばなりませんね。

「自分の夫を尾行してどこが悪いの?」とあなたは思うかもしれません。もちろん尾行するのが夫だけであれば、さほど問題はないでしょう。

しかし、浮気相手と行動している時に尾行をした場合、浮気相手はあなたとは赤の他人です。

赤の他人を尾行したら、それは「つきまとい」行動と認識される可能性もあります

周囲から見ると、変装して顔を隠した女性がカップルの後をつけて歩いていれば、ただの不審者にしか見えません。

不審者扱いされ、通報される危険があることも覚えておきましょう。

精神的苦痛が大きい

「嘘であって欲しい」そんなわずかな願いを込めて夫を尾行し、浮気相手らしき女性とデートする夫を見てあなたは正気を保っていられるでしょうか。

勇気を振り絞って証拠を掴もうと尾行しても、夫が女性と一緒にいる場面を見れば大きな精神的苦痛を味わうことになります。

夫のことを信じていた、好きだった方であれば尚更ですが、そうでなかった場合でも現実を突きつけられると大きなショックを受けることになるのは間違いありません。

夫の浮気は悲しい現実ですが、直に目で見るショックは何とも言えない悔しさ、悲しさを負ってしまいます

精神的に大きなダメージを受けないためにも、自分で尾行するのは避けた方がいいでしょう。

写真を撮っても法的に認められないレベルになる可能性が高い

法的に認められる浮気の証拠・・いわゆる「不貞の証拠」として認められるためには、ある条件が必要です。

「浮気相手とラブホテルへ出入りする鮮明な画像や動画」「浮気相手の家に最低でも3回以上出入りしている鮮明な画像や動画」などが代表的なものですが、該当する場面のものであれば、何でも認められるという訳ではありません。

つまり、夫と浮気相手の間に肉体関係が確実にあったであろうと推測できる証拠が必要なわけです。

どちらに関しても言えることですが、夫や浮気相手が「これは自分ではない」と言い逃れできないほど鮮明なものである必要があります。

つまり、顔がボケていたり、ブレてしまっていれば「私ではない」と逃げられてしまい、証拠としては採用されない可能性が高くなります

暗闇の中、車でラブホテルへ入っていく夫をあなたのスマホやカメラでしっかりと撮影できるでしょうか?

浮気相手の家を突き止め、最低でも3回以上、それもしっかり証拠として認められる画像や動画の撮影はできますか?

証拠として認められるものを裁判所に提出したいと考えているのであれば、自分で証拠を押さえるのはハードルが高いことだと分かるのではないでしょうか。

素人とプロの浮気調査の違いを知っておこう

尾行

尾行する・・という行為自体は素人もプロも同じかもしれませんが、調査方法や内容はまったく異なります。

まずはどんなところが違うのか、確認しておくと分かりやすいかもしれませんね。

数人で徹底した張り込みや聞き込みそして尾行ができる

探偵は探偵業法で「張り込み」「聞き込み」「尾行」調査が仕事として認められています。

あなたができる浮気調査は「尾行」だけかもしれませんが、探偵であれば様々な調査が可能です。

周囲に聞き込みをしたり、素行調査で相手を突き止めることもできます。

浮気相手の顔は判明したけど、相手はどこの誰なのかが分からなければ慰謝料の請求が出来ません。

名前や住所、職場などを突き止め、内容証明郵便を送る必要があるからです。

また、探偵が行う浮気調査の場合、調査員は複数名(2~3名程度)で構成されます。

一人で浮気調査を成功させるのは大変厳しく、いくら慣れている探偵といえども見失う危険があるのがその理由です

特に自家用車で移動していれば、信号などで見失ってしまうことも大いに考えられます。その点、複数名で行えば1人が見失ったとしても、もう1人が追跡に成功していれば問題はありません。

特殊な機器で鮮明な証拠を押さえることができる

例えば深夜のラブホテルから出てきた夫に対し、遠赤外線カメラなどの特殊な精密機器を使って鮮明に動画や写真撮影を行います。

また、密会現場がビジネスホテルの場合であれば、同じようにホテルに入り、夫と浮気相手が同じ部屋に入っていく様子を撮影する場合もあります。

飲食店では録音機器を用いて二人の会話を録音したり、車で移動する場合でもしっかりと追跡調査を重ねます。

夫にバレずに浮気調査ができる

あなたが夫の尾行をする場合、かなりの扮装をして夫にバレないように工夫しなければいけません。

前述しましたが、大多数の方は帽子やカツラを被ったり、マスクやサングラスなどの重装備で臨むはずです。

そうでなければ妻であるあなたの顔は、夫に一発で見抜かれてしまいます。自分で尾行する際に大袈裟な扮装をするのは仕方がない話です。

ですが、そのような怪しげな格好をした人物が近くにいれば、夫は敏感に異変を察知します。「もしかしたらアイツかも・・」と思い、浮気相手との約束を変更したり、しばらく浮気相手に会わないようにするかもしれません。

夫に浮気調査をしていることがバレてしまえば、以降の調査は間違いなく困難になります。

せっかく浮気の兆候に気が付いたとしても、それ以上の調査ができなければ証拠を押さえることすら出来なくなるでしょう。

一方、探偵は夫に顔が知れていません。素顔のまま、街に溶け込んで調査を行います

夜の繁華街であれば、仕事帰りのサラリーマン風で。

日中の観光地であれば、カップルを装ってターゲットに近づき、夫にバレずに浮気調査をしていきます。

夫に浮気調査を悟られるのは「調査失敗」を意味します。あなたが扮装して近づけば近づくほど、その危険は増すことを覚えておきましょう。

調査報告書の作成ができる

夫婦ではない第三者である探偵に依頼すると、夫の浮気調査に関する「調査報告書」が作成されます。

単に尾行してラブホテルへ出入りした画像を押さえるだけではなく、滞在時間や様子などが詳細に記載されます

肉体関係があったと推測できる時間は最低でも30分~40分以上滞在したものである必要があります。

15分程度で出てきた場合は「肉体関係を持つには短すぎる」と判断され、不貞の証拠と認められない可能性も出てきます。そこで重要なのが探偵社によって作成された「調査報告書」です。

動画や画像には日付が記載されているものを使用したり、客観的に時刻が分かる証拠を盛り込んでくれます。これもあなたが一人で写真を撮影しても出来ないことのひとつではないでしょうか。

浮気相手の素性・身辺も調べることができる

探偵の仕事は「浮気調査」ばかりではありません。

家出人を探したり、結婚前の子供の交際相手の身辺・素性、転職などに関しての学歴詐称などの調査など、その仕事は多岐に渡ります。

例えば浮気相手に対して慰謝料請求する場合、相手の氏名・住所は最低限知っておく必要があります。

なぜなら内容証明を女性宅に郵送しなければならないからです。相手が慰謝料の支払を拒否した場合は訴訟を起こすことになりますが、この際も相手の氏名・住所を知らなければ話になりません。

身辺調査をしてもらえば、相手は既婚者なのか、職場はどこなのか、実家はどこなのかなどの個人情報を知ることが出来ます。

もし、浮気相手が逃げるように引っ越しして住所不明になっても、職場がわかれば職場に様々な書類を郵送・送達できるので大変便利です。

これらの情報はあなたの夫の浮気調査以外に利用することは出来ませんが、知っておかねばならない重要な情報といえます。

素人が身辺調査をした場合ストーカー認定される危険性も

探偵は業務として尾行、張り込み、聞き込み調査が法的に認められています。

しかし、素人であるあなたが浮気相手の身元を確認しようと家まで追跡したり、職場の確認をしようとするのは完全に違法行為に該当します。

夫の尾行だけであればまだしも、あなたが自分の力で浮気相手の身元を調べ上げるのは無理な話です。

浮気相手を家まで追跡した結果、「不審人物にストーカーされた」と通報されることもあるので注意が必要ですね。

プロの浮気調査を依頼するメリットは『確実に裁判でも使える証拠』が押さえられること!

弁護士

夫の浮気の証拠を押さえたい!出来ればお金をかけずに自分で尾行して証拠を掴みたい!・・そう思う気持ちは理解できます。

しかし、せっかく苦労して証拠の写真を撮影出来たとしても、実際に「不貞の証拠」と認められるケースは極めて稀です。

素人がスマホや市販されている普通のカメラを使って撮影したところで、言い逃れできないほどの証拠として突きつけるのは困難だからです。

不貞の証拠を確実に押さえることができる

夫が浮気しているのが間違いなければ、探偵に浮気調査を依頼した場合、確実に不貞の証拠を押さえることが出来ます。

これさえあれば、離婚裁判や慰謝料請求、または再構築を考えていても、あなたに有利に話が進めることができます

 

素人が尾行しても報われることはほとんどない

探偵はいまや、評判がわるければ淘汰されていく一方の業種です。

口コミ評価や評判のよい探偵を選び、あなたが夫が浮気していると確信した状況証拠を提出すれば、早く短時間での調査が可能です。

調査や料金に関する問い合わせや相談に親切・丁寧に応えてくれる探偵を選べば、自分で尾行するより効果的な調査が望めるはずです。

わずか数万円程度での支出で確実な証拠が得られる探偵と、自分自身で身バレ覚悟で行う浮気調査。

しかも、苦労の割には法的に浮気の証拠として認められることはほとんどなく、精神的苦痛を伴う尾行は失敗する可能誌がかなり高いということを知っておかねばなりません。

どちらがいいのか考えてみると答えは明らかではないでしょうか。

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-浮気調査でできること

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.