浮気の言い訳

浮気相手と家にいることが分かっても「話をしていただけ」「友達もいた」「何もしていない」って本当でしょうか?

更新日:

【浮気相手と家にいることが分かっても「話をしていただけ」「友達もいた」「何もしていない」って本当でしょうか?】

あなたの夫が女性宅に出入りしていることが分かったら、100%浮気を疑うはずです。そもそも既婚者である夫が女性宅に入り浸るなんて、あり得ないことです。しかも謝罪するわけでもなく「話をしていただけ」「友達もいたよ、二人きりじゃない」「何もしていない」なんて言い訳をされても信じられるわけがありません。

 

今回は浮気相手らしき女性宅にいたことが発覚しても言い逃れする夫について考えていきたいと思います。

女性の家で一晩明かせば浮気になる

家

残業や友人との飲み会を理由に、あるいは無断で外泊した夫が女性宅にいたことが発覚。しかも悪びれることなく「話をしていただけ」「友達もいた」「何もしていない」と言い訳されても、その言葉を信じるのはかなり難しい話です。

「不貞の証拠」にもなる浮気相手宅への出入り

浮気裁判などでも使用される浮気の証拠を「不貞の証拠」といいます。不貞の証拠とは、既婚者が配偶者以外の異性と自分の意思で性行為(不貞行為)をしたことの証明になる証拠です。この不貞の証拠になるものに「浮気相手宅への出入り」も含まれます。

 

不貞の証拠に採用されるものに「ラブホテルを出入りする画像や動画」「浮気相手宅を最低でも3回以上出入りする鮮明な画像や動画」などがあります。つまり、浮気相手と目される女性宅へ頻繁に出入りしていることが証明されれば、確実に不貞行為があったと認められます。数時間の出入りだけでも不貞行為とされるのに、一晩泊まって「何もなかった」では済まされない話になるでしょう

1度きりでは浮気と認められない側面も

あなたにしてみたら、妻を家に放置し女性と二人きりで一晩過ごしたことは許しがたい裏切り行為のはずです。しかし前述した「不貞の証拠」も女性宅の出入りが1度きりであれば「確実な浮気・確実な不貞行為」が認められません。複数回の出入り、継続的な交際があって初めて「不貞行為」と認定されます。性行為が目的であるラブホテルへの出入りは1度でも浮気が認められるのに、なぜ女性宅は複数回の証拠が必要なのでしょうか。

 

そもそも「自宅」は性行為を目的とする場所ではありません。その人の生活空間である自宅は友人を招いたり、遊んだりする場所でもあります。あなたの夫が遊びに行ったとしても確実に肉体関係があったとは断定できません。夫の言い訳のように「話をしていた」「他の友人もいて二人きりでは無かった」「何もしていなかった」可能性が無いわけではないからです

夫が浮気相手の家を出入りしている場合は最低でも3回~5回の証拠が必要

夫が浮気相手の家を出入りしていることが分かっても、1度きりの証拠では浮気とは認められません。最低でも3回~5回程度出入りしている証拠がなければ、夫を問い詰めても言い逃れをするでしょう。裁判でも浮気の証拠と認められるような「不貞の証拠」クラスの強い証拠がなければ、残念ながら浮気を認めることはないかもしれません。

女性宅を出入りしているのに浮気を認めない理由

浮気を認めない夫にあなたはかなりイライラするはずです。「なぜさっさと認めないの!」「早く浮気相手と別れて欲しい」「どうして浮気しているのか知りたいのに・・」と、やるせない気持ちでいっぱいになるでしょう。あなたという妻がありながら、勝手な行動をする夫が情けなく、悲しい思いをしているはずです。

 

浮気を認めない一因に「妻は別格の大切な存在」であることも考えられます。ほんの軽い気持ちで浮気をしてしまったけれど、妻に知られたくないと思って嘘をついているかもしれません。あなたを傷つけたくないという一心で「何もしていない」と言っている可能性も少なからずあります。ただ、この手の男性は、ほとぼりが覚めれば浮気を繰り返す傾向にあります。1度バレなければ次もイケると考えてしまうのがその理由です。

 

また一方で「浮気がばれたら離婚させられるかも」「慰謝料請求されるかも」「浮気相手と別れさせられるかも」という自分勝手な思いを抱いている男性もいます。浮気をやめさせたい、きついお灸を据えたいと思うなら、やはり証拠を突きつけて反省させるのが一番です。

浮気相手の家に行っても何をしているか分からないのでは?

女性

浮気相手の家を出入りしているところを撮影できたとしても、家の中で何をしているのかまでは分かりません。浮気相手宅を盗撮すれば、あなたが犯罪者になってしまいます。「だったら出入りしていることが分かっても無意味なのでは?」と考えてしまうのも無理はありません。

1度きりでは絶対にダメ!複数回の証拠を押さえて

生活空間である女性の自宅をあなたの夫が訪問したとしても、1度きりや2回程度であれば「話を聞いていただけ」「相談に乗っていただけ」「一緒に飲んだだけ」と言い逃れされてしまいます。例え宿泊したとしても「酔いつぶれて寝てしまった」と言えば浮気は認められないでしょう。実際にあなたが夫と浮気相手の性行為をその目で見たわけでは無い以上、やはり1~2回程度であれば「絶対に浮気していたでしょう!」と問い詰めるのは危険です。

 

あなたの夫が優しい人で、ついつい相談に乗ってそのまま一晩過ごすということも100%あり得ない話ではありません。もし、シロだったにも関わらず「どうして浮気したのよ!」「絶対に離婚よ」と騒ぎ立てれば、夫もそんなあなたに呆れてしまうでしょう。夫婦の信頼関係が崩れてしまえば、やり直すのは非常に難しくなってしまいます。しかも夫の浮気が冤罪であれば、これほど損な話はありません。

浮気相手宅をあなた自身が張り込むのは止めましょう

「じゃあ私が浮気相手の家に張り込んで『どういうことなの!』と直接問い詰めてやる!」・・そう考えてしまう女性もいるかもしれません。その気持ちは痛いほど分かりますが、あなたが辛い思いをするだけです。自分で浮気相手の家を張り込むのは避けた方が得策です。

精神的に大きな苦痛を負う

大切な夫が浮気相手の家にいる・・あそこで何かをしている。そう思い、女性宅の前で夫が出てくるのを待ち構えることは非常に虚しく悲しい行動です。現場を直接押さえたいという気持ちは分かりますが、待っている間は精神が崩壊しそうな苦しみを味わいます。もしかしたら目前で夫が他の女性と関係を持っているかもしれない。いつ出てくるかも分からない。・・そんな場所で待ち続けるのは、あなたの健康を大きく損なう心配があります。

 

あなたにはこれから夫に浮気を認めさせて、相手と別れさせるという役割があるはずです。あまりに大きすぎる苦痛を味わって、多大なダメージを受けるのは得策ではありません。もしかしたらあなたにはお子さんもいるのではないでしょうか。子供がいれば尚更、これ以上のダメージを味わってはいけません。夫が浮気相手と一緒にいるところを見るのは、想像以上にあなたに衝撃を与えるはずです。

不審人物として通報されるかも

浮気相手の家やマンションの裏で、女性一人が深夜佇んでいれば完全な「不審人物」です。思いつめた表情でじっと家を見つめるあなたは、周囲から見れば「怪しい人物」にしか見えません。警察に通報されたり、保護される可能性があります。また、敷地内に無断で入っていれば「住居侵入罪」に該当する場合もあるでしょう。

 

そればかりか、あなたが犯罪に巻き込まれる危険もあります。女性が深夜一人でいれば、それこそ変質者がやってこないとは限りません。現場を押さえたい気持ちは分かりますが、様々な点を考慮しても止めた方がいいのは間違いないでしょう。

現場に出くわしても浮気を認めてくれるとは限らない

あなたが浮気現場を押さえて問い詰めても、浮気を認めてくれるとは限りません。女性と夫が二人でいる場面に出くわして、冷静に話ができるでしょうか?その場で泣いて夫を罵倒しても、根本的な解決にはなりません。いわゆる「修羅場」のようになるだけで、浮気を認めることはないでしょう。

 

騒ぎ立てられた浮気相手も「名誉棄損だ」等と言い出す可能性もあります。浮気は不貞行為ですが犯罪ではありません。しかし、あなたが面識のない女性宅の前で深夜騒ぎ立てれば、完全な迷惑行為です。条例に違反すれば犯罪として立件されてしまうかもしれません。浮気が事実であったにせよ、冷静な状態でいられなければ話し合いにはなりませんね。まして、その場で夫が浮気を認めるとは到底考えられない話でしょう。

自分で浮気相手の家を張るのと浮気調査をしてもらうことの違いは?

カメラ

夫の浮気の証拠を押さえるための方法として、自分で証拠を押さえるか探偵に浮気調査を依頼するかの二択が考えられます。では、あなたが証拠を押さえるのと浮気調査をすることの違いは何なのでしょうか?

自分でやれば調査費用はかからないが浮気調査は費用がかかる

自分で証拠を押さえることの最大のメリットは「お金がかからない」ことではないでしょうか。確かに自分で写真や動画を撮影するのであれば、自分のカメラなどを使えばお金はかかりません。一方、探偵に調査を依頼すればその分の調査費用が発生します。最近では調査料金も時間課金制になり随分安くなりましたが、自分でやるよりは掛かるのは間違いありません。

自分で押さえた証拠は「不貞の証拠」にならない可能性がある

お金が掛かるとはいえ、まだまだ浮気の証拠は探偵に押さえてもらう人が大多数を占めます。その理由は証拠の精度の高さにあるといって間違いありません。素人が写した写真やビデオでは「不貞の証拠」にはならない可能性があるからです。

 

探偵が使うカメラは特殊なカメラです。どんな暗闇でもターゲットの表情が完ぺきに分かるような高性能な機材を使っています。スマホや家庭用のカメラで夫と浮気相手の写真を撮影しても、ボケたりブレたりすることが多いものです。顔がハッキリ写っていなければ「これは自分だ」と認めるはずがありません

 

また、マンションの駐車場から夫と浮気相手が出てきたとしても、走り去る車内にいる二人の撮影がきちんとできるのも探偵ならではの技術です。特殊な訓練をこなし、精密な機材を持つ探偵と同じレベルの証拠でなければ浮気の証拠にはならないのが現状です。

浮気調査をする探偵は探偵業法で「尾行」「張り込み」が許されている

あなたが浮気相手を尾行したり、浮気相手の自宅前で張り込めば「ストーカー」扱いされる危険があります。しかし、探偵は「探偵業法」という法律の下、依頼された事案に関しての尾行や張り込みが許可されています。あなたがやればストーカーでも、探偵に依頼すれば尾行、張り込み、聞き込みは立派な業務として認められています。この点の違いも大きいのではないでしょうか。

証拠が捏造されたものとは考えにくい

デジタル化が進み、最近では素人であってもパソコンを使えば写真などをコラージュして様々なアレンジを加えることが可能になりました。そのせいか、ある程度の知識があれば写真加工をして、証拠を捏造するという行為をする人も増加傾向にあるようです。どうしても自分に有利な証拠にしたいと思えば「つい・・」といったこともあり、写真が信用できるものかどうかというのも、浮気裁判の争点になることもあります。

 

妻であるあなたが「これが浮気の証拠です!」と提出したものよりも、第三者である探偵が押さえた証拠写真の方が信頼度が高いのは言うまでもありません。万が一、話がこじれて浮気裁判などに発展した場合も、探偵に依頼して得た証拠であれば不貞の証拠としても十分なものになります。何が起きるか分からないこそ、素人が押さえた写真や動画ではなく、プロによる証拠が好ましいのは間違いないでしょう。

浮気相手の家にいて「何もない」は信用できない!不貞の証拠を押さえて話し合いを

あなたが考える通り、女性宅に出入りしているくせに「何もしていない」「話をしていただけ」という夫の言葉を信用することは出来ません。男と女がひとつの部屋で過ごせば、肉体関係があると考えるのが普通です。あなたの夫は嘘をついている可能性が高いと言えるでしょう。

 

浮気を認めさせ、心から反省させて相手と別れてもらうためには、言い逃れできないほどの浮気の証拠「不貞の証拠」を押さえて話し合いをする必要があります。「女性宅に出入りしている」証拠があっても浮気を認めないあなたの夫には、法的にも有効な不貞の証拠を押さえて、まずは浮気を認めさせなければなりません。不貞の証拠があれば、ほとんどの夫は観念して浮気を認めるはずです。

 

また、万が一、話し合いが決裂して離婚や慰謝料請求沙汰になっても不貞の証拠があれば安心です。夫の浮気は法の場でも認められるため、あなたに不利になることは一切発生しないでしょう。どちらにせよ、まずは夫に浮気を認めさせることが問題解決の第一歩になるはずです。夫の動向を見てから、その後どうすべきか判断しても遅くありませんね。

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-浮気の言い訳

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.