浮気の言い訳

「仕事が忙しいから会社に泊まる」と言って外泊を頻繁に繰り返すのは浮気の言い訳?

更新日:

今までは多少の残業しかなかったのに「仕事が忙しいから会社に泊まる」といって外泊を繰り返すのは、浮気している可能性があります。職種などにもよりますが、大概の場合は会社に休憩室はあっても宿泊できる部屋はないと考えられます。さすがにデスクに座ったまま仮眠しているというのも無理な話ですし、どこまで信用していいのか分からなくなるのも当然の話かもしれません。

 

今回は急に「仕事が忙しいから会社に泊まる」といって外泊を繰り返す夫について考えていきたいと思います。

仕事が忙しいから会社に泊まるは浮気の言い訳かもしれません

忙しい「忙しいから今日は会社に泊まる!」「明日は忙しいみたいだから会社に泊まるかもしれない」そう言って頻繁に外泊を繰り返せば「本当なの?」と疑問に思うのも無理はありません。特に今まで多少の残業はあっても会社に泊まることなどなかった場合は深刻です。あなたが会社に確認することが出来ないのを利用して、浮気相手と外泊を繰り返している可能性があるからです。

 

通常、会社には宿泊できるような場所はありません。警察や消防、介護職、その他の夜勤を伴う仕事に就いている人は別ですが、普通の会社員が会社に泊まり込むことなど通常は考えられません。緊急事態が発生して1度だけというのであればいざ知らず、頻繁に会社に泊まりこむというのは明らかに異常です。

残業が本当だとしたら、こんなに長時間労働をさせるのは違法行為の可能性も

労働基準法では休憩時間を除き、原則1日8時間労働が義務付けられています。ただし、36協定を締結し労働基準監督署に届け出ていれば、月に45時間の限度で残業は可能です。また、特別条項付きで最大1か月100時間の残業を設定しているケースもありますが、100時間の残業の場合は最大で半年間という決まりがあります。

 

あなたの夫が「仕事が忙しい」といって外泊をするようになってから、どれくらい経過していますか?もし、半年以上月に何度も外泊をするようであれば、会社は完ぺきに労働基準法違反に該当するはずです。残業が事実であれば、健康被害を発症する恐れがありますし、夫の体調の変化も見られるはずです。本当に仕事が忙しすぎて会社に寝泊まりしているのであれば、違法行為と呼べる状況だと考えられます。

夫の様子や体調、顔色、下着などをしっかりチェック!

もし、夫が言っていることが事実で、頻繁に会社に宿泊しなければならないほどの状況であれば間違いなく夫の様子に変化が見られるはずです。「疲れた・・」と言ってふさぎがちになったり、顔色が悪くなるような兆候があれば心配です。血圧が高くなったり、体がだるい、頭痛がするなどの訴えがあれば早めに受診することをお勧めします。

 

また、会社に泊まった後に帰宅した際の夫の様子もチェックしておきましょう。当然、入浴などもしていないので体や下着なども汚れているはずです。逆に残業続きで外泊したのにも関わらずに清潔な状態が維持されているのは、怪しい兆候かもしれませんね。

会社に泊まっているかどうかを会社に問い合わせるのは今は避けるべき

連絡夫が外泊している本当の理由は、誰にも分かりません。だったら、会社に直接問い合わせたら一発で分かるはず!!・・そう思うのも無理はないですが、今の時点では避けるべきです。

会社に悪印象を与えかねない

もし、夫の宿泊込みの残業が事実であれば、あなたは会社に警戒されます。会社側も頻繁な長時間の残業が法律違反であることを知っている以上、それを指摘されるのは好ましくないと考えるでしょう。

 

もちろん、過度の残業を強いている会社が悪いのは言うまでもありません。しかし、社員の妻からの指摘は相当厳しいはずです。労働基準法の違反の件ではなく夫の浮気を調べたかったとしても、会社はそう受け取らないかもしれません。ウルサイ妻が会社に抗議してきたと捉えられれば、夫の待遇が悪くなる危険性も考えられます。

 

大きなトラブルや受注が原因で一時的に残業が増えている場合、あなたが宿泊を伴う残業の件で問い合わせれば悪印象を与えるのは間違いないでしょう。

夫の立場が悪くなる

「夫が仕事が忙しいといって頻繁に外泊するのですが事実ですか?」と単刀直入に質問した場合、夫が嘘をついていればどうなるでしょうか。「君は奥さんに嘘をついて仕事が忙しいから会社に泊まると言っているらしいけど、どういうことなんだ?」と上司に叱責されるのは想像に難くありません。

 

もし浮気をしていても相手と別れるなら許して再構築しようと考えているのであれば、会社に夫の浮気を告げ口するような行動は避けるべきです。「仕事のせいにして浮気している夫」のレッテルを貼られてしまえば、会社での夫の立場を悪化させるのは間違いないでしょう。

夫から逆恨みされたり愛想をつかされる

あなたは「夫の外泊の理由が本当に仕事なのかどうかを確かめたかっただけ」で会社に問いあわせたとしても、夫は納得しません。外泊が本当に残業であれば「俺の言葉を信じずに会社に電話をかける空気の読めない妻」として愛想を尽かされるかもしれません。

 

また、仕事での残業が嘘であれば「俺の顔に泥を塗った」と逆ギレされたり、逆恨みされる可能性もあります。悪いのは夫ですが、「名誉を棄損された!」等と言い出しかねない状況に発展するかもしれません。会社に問い合わせるのが最も早い解決法なのは間違いないですが、その結果として大変な事態を引き起こすケースもあることを覚えておきたいものです。

会社に泊まっていなければ浮気しているのは間違いない

もし、夫の残業が嘘で会社に泊まっていなければ、ほぼ浮気は間違いないと考えられます。徹夜で麻雀やオールナイトで飲み明かすというのも考えられなくはないですが、可能性としては極めて低いはずです。友人同士で集まるのであれば、あなたに嘘を申告する必要はないからです

浮気相手と外泊しているのであれば、かなり深い仲に発展しているかも

普通、浮気相手と逢瀬を重ねるのであれば、短時間に留めるケースが多いものです。「同僚との飲み会」や「上司に誘われた」「今日は少し残業していた」等の理由で数時間ラブホテルに滞在するのがほとんどです。やはり、家で待っている妻を置いて外泊し浮気するのは、罪悪感があるのでしょう。

 

浮気相手の家やラブホテルに宿泊する、しかも頻繁に外泊するのであれば、関係はかなり深いといえます。浮気が本気になりかけているか、あなたとの離婚を考え始めているかもしれません。

セックスレスではないですか?

浮気相手と肉体関係があれば、妻と関係を持つ回数が減る傾向にあります「夫は残業続きで疲れている」と思っていたら、実は浮気相手と関係していたせいだった・・なんてこともあります。セックスの回数が減った、ほとんどないという状態であれば、より浮気の可能性は濃厚です。

探偵に事実を調べてもらうのがベター

尾行夫の言う事はどうも信用ができない、でも会社に問い合わせることも出来ないとなれば、あなたはどうしたらいいのでしょうか。実はこんな時こそ、探偵に調査を依頼する絶好のタイミングです。あなたは一切を手を汚すことなく、夫の外泊が本当に仕事なのか、浮気なのかが判明するからです。

会社前の張り込みや尾行で事実が判明!

「今日は残業で会社に泊まるから」と夫が言ってきた日に調査をしてもらいましょう。仕事が終わるタイミングで探偵に調査を開始してもらえば、事実はすぐに判明します。会社に残って仕事をしていれば事実ですし、帰宅する素振りでどこかへ行けば疑惑は深まります。

 

会社に泊まるのが嘘だった場合は、万が一に備えて法的に立証される浮気の証拠「不貞の証拠」を押さえてもらうようにして下さい。

仕事での残業・宿泊が事実であれば体調管理につとめてあげて

浮気調査の結果、夫がシロであれば体調管理に気づかい、夫の苦労を労ってあげましょう。あなたが疑っていたことも夫には知られませんし、会社に問い合わせることもせずに事実を知ることが出来れば、今後は安心して過ごせるはずです。

 

何より、仕事で疲れている夫に対し「浮気してるんじゃないの!?」と問い詰めて嫌な思いをさせずに済みます。「いつもお疲れさま」という言葉とともに、夫の体調管理や残業が行き過ぎないように見守ってあげると良いでしょう。

浮気であれば夫に事実を聞き出すことができる

証拠もなく「残業や会社の宿泊は嘘でしょう!浮気相手は誰なの!!」と問い詰めても夫は本当のことを言いません。「俺は仕事をしているんだ!!」と言って逆ギレされるのがオチです。しかし、浮気の証拠があれば夫も観念するはず。あなたは夫の口から事実を語ってもらうことが出来ます。

 

すべての残業や仕事での外泊は嘘だったのか。浮気相手は誰なのか。今後どうするつもりなのか。聞きたい事すべてをぶつけて、話し合うことが出来ます。今まで悩んできたのですから、夫の口から真実を聞きたいと考えるのは当然です。浮気の証拠を提示して、しっかりと話し合いを持ちましょう。

浮気相手に慰謝料請求や別れさせることも出来る

探偵に浮気の証拠を押さえて貰ったら、浮気相手に対して慰謝料の請求や示談書を以て夫と別れる約束をさせることが出来ます。証拠もなく「慰謝料を払え」「夫と別れろ」と言っても、相手にされないことが多いものです。ここは探偵に押さえてもらった証拠を提示して、言い逃れを避けるのがベストです。

離婚届不受理申出を提出できる

あなたは離婚したくないのに、夫が浮気相手に本気になって「お前と別れたい」と言ってきた際は役所に「離婚届不受理申出」を提出すれば、一方的な離婚を避けることが出来ます。

 

民法上、有責者(浮気した側)からの強引な離婚は不可能です。意思確認されないまま離婚届が提出されていた・・という事態を避けるためにも、浮気調査は必要なのではないでしょうか。

再構築失敗でも有利な離婚ができる

話し合いの結果、不調に終わっても心配する必要はありません。不貞の証拠を押さえていれば、有利な離婚が可能です。もちろん夫に対しても慰謝料請求ができますし、親権や養育費、財産分与に於いても、あなたが不利になることはないでしょう。

 

万が一、満足のいく結果にならなければ、調停や裁判を起こすことが出来ます。その際にも不貞の証拠があれば、夫の非は明らかになります。話し合いが決裂し、離婚が決定的になった時も不貞の証拠は役立ちます。自分の身を守るためにも、なるべく早い調査が望ましいと言えます。

「仕事が忙しくて会社に泊まる」は浮気の可能性が濃厚!事実を調査して証拠を押さえて

「仕事が忙しいから会社に泊まる」という夫の言葉の真偽は確かめようがありません。本当に残業している夫に対して問い詰めれば、あなたは夫を失望させるかもしれません。また、会社に問い詰めるのは結果的に夫の立場を悪くさせます。事実であれ嘘であれ、会社に直接問い合わせるのは避けましょう

 

もし、夫の様子や動向で怪しい部分があれば、探偵に調査を依頼するのが一番です。もしシロであれば、あなたは安心して家で待つことが出来ます。クロであれば証拠を押さえてもらい、話し合いの場を持つことが可能です。また、話し合いが決裂しても不貞の証拠があれば有利な離婚や慰謝料請求が出来ます。どちらに転んでも、あなたが損をすることはありません

 

妻に追及されにくい、仕事を理由に浮気する男性は多いものですが、事実かどうかの確認は非常に困難です。ここは第三者である探偵にしっかり調査してもらうことで、今後どう行動すべきかが見えてくるのではないでしょうか。

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-浮気の言い訳

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.