浮気されたらどうする?

夫の心の浮気って許せますか?どうしたらいいのでしょうか?

投稿日:

夫が「肉体的な浮気」ではなく、精神的な「心の浮気」をしていることが分かったら、あなたはどう思うでしょうか?LINEなどでハートマークつきのやり取りをしていたり、堂々と「彼女は心の癒しなんだ」等と言われたら、どうしていいか分からなくなってしまうのも無理はありません。「体だけの関係の方がまだマシ」なんて声があるのも当然といえるでしょう。

今回は夫の心の浮気について考えていきたいと思います。

心の浮気は浮気にならない!?

浮気

一般的な浮気の定義は「既婚者が配偶者以外の異性と自分の意志で肉体関係を持つこと」に限定されます。あなたの夫が相手の女性と関係を持っているのであれば、それは法的に「浮気」と認められますが、心の中で「好きだ」と思っている場合には定義上は「浮気」には該当されません。でも、中には「体だけの関係なら、精神的なつながりがないので許せるけどプラトニックな恋愛関係は絶対に許せない」「精神的に浮気相手になびかれるのが一番イヤ」という女性の声も多く、心の浮気が「浮気」「不倫」に当てはまらないことに疑問を持つ人も多いはずです。

プラトニックな関係なら許されると思う夫たち

夫の多くは「精神的な恋愛は浮気には当てはまらない」と考えます。その理由として考えられるものにはいくつかありますが、女性と男性の不倫に関する定義が大幅に違うことが一番大きな原因ではないでしょうか。

前述しましたが、普通の浮気の定義は肉体関係だけに注目を置かれます。「体の関係さえなければ浮気じゃないなら、大丈夫」と考えたり、「誰かを好きになることで生活に張りがでるならイイことだ・・浮気じゃないので妻にも迷惑をかけていないし」と男性は思う訳です。プラトニックな関係は浮気ではない、誰かに咎められるようなものではないと思えば、「それくらいいいじゃないか」と夫が感じるのも無理はないのかもしれません。

たとえばアイドルに熱中するのと同じ程度だと考えた場合、誰かを好きになることで毎日が楽しいのだからなぜ妻が文句を言うのか理解できない人もいます。そこには男女の考える「浮気」に大きな隔たりがあるのは間違いないといえるでしょう。

心の浮気こそ許せないと考える妻たち

その一方で妻は夫が精神的に他の女性に惹かれることを生理的に嫌がります。逆に身体だけ、体目当ての関係だった方が、許せる!・・そう考える人の方が多いかもしれません。女性は精神的なつながりを大切にします。誰かに思われ、愛されることが、一番重要なことと考えます。大切な夫が自分ではない、他の女性のことを一番大切に思っている、いとおしいと思っていると考えるだけでも、絶望感で一杯になります。男性が考える「プラトニックなら許される」という定義は女性には一切認められません。

なぜ心の浮気が起こるのか?

心の浮気にせよ、体の浮気にせよ、浮気された側は大きく傷つき、悲しみにくれます。でも、ここで夫を責めても根本的な問題の解決にはならないと思います。なぜなら、何か原因があって夫が他の女性に思いを寄せるのであれば、今回は責めて止めさせたとしても、必ずまた違う誰かに惹かれるでしょう。なぜ心の浮気が起きるのか、あなたなりに考えることも時には必要です。

夫の感情面のケアしてますか?

有名なマリッジカウンセラーのM.gary Neumanさんは、心の浮気が始まるきっかけは「夫の感情面のケアを怠ったときである」と語っています。あなたは夫との会話に時間をさき、夫を理解したようなつもりになっているかもしれませんが、夫の気持ちが満たされているかどうかについて考えたことがありますか?

二人の会話の多くが子供のことだったり、ローンの支払いなどの連絡や報告に過ぎなければ、感情面のエネルギーが満足しないまま時間が経過します。夫婦共通の趣味や夫の考えに共感したり、思い切り笑ったり、感情をぶつけあうような経験を共有することが減ると、夫は家の外に心の閉塞感を満たす相手を探すといいます。この話を聞いて思い当たる節はありませんか?

いつも夫より強い立場で上から目線の発言をしていませんか?

心の浮気をされる女性に多いのが、夫よりも気が強く、上からの立場で発言をする人です。夫がおとなしい、または優しいのをいいことに、いつも上から目線で発言していれば、家庭外に癒しを求めてしまうのも無理はないかもしれません。もちろん、浮気は「した」人が悪いのは言うまでもありません。しかし、他から見たら「あの気の強い人が奥さんだもん・・浮気しても仕方ないよね」と噂されるレベルにあるとしたら、あなたにも反省の余地はあります。

自分の立場に置き換えて考えてみたらわかります。いつも夫にガミガミ言われ、しかも口答えも許されなかったら、あなたはどう行動するでしょうか。浮気(肉体関係を持つ)する勇気もないし、バレたら大変なことになる。でも上司の●●さんはいつも優しく気にかけてくれる・・そうなれば、心の浮気もあなたもしないとは言い切れないのではないでしょうか。心が満たされず、寂しい思いをしている時に入り込んでくる素敵な人に心が惹かれてしまうのは、ある意味仕方がないことなのかもしれません。

心の浮気は本気の浮気に発展する可能性が高い

女性

心の浮気で最も怖いのは、「本気の浮気」になることです。しかも、体目当てではなく精神的に惹かれている相手と肉体までもが結ばれてしまうと、一気に感情は燃え上がり、本気の浮気、またはこれこそが真実の恋愛だと錯覚してしまいます。気持ちにブレーキがかからなくなってしまえば「この女性と結婚したい」と本気で考えるため、あなたとの離婚を口に出すようになる可能性もあるのです。遊び人で体目当てで若い女性と浮気しまくる夫より、一番怖いのが「心の浮気の果てに本気の浮気をする」真面目な夫であることを覚えておくようにしましょう。

結婚前に遊んでいなかった男性は本気の浮気に発展しやすい

特に心の浮気から本気の浮気に発展しやすいのが、結婚前にあまり遊んでいなかった男性です。あなたとの関係においても、どうすれば良い関係を構築できるかが分からず、解決点を見いだせないままに家庭外に癒しを求める人は、人生経験・恋愛経験が乏しく「どう行動すべきか」ということが分からない人が多いのではないでしょうか。しかも、精神的にあなた以上に惹かれる女性が出来てしまえば「俺の結婚は間違いだった」と短絡的に決めてかかるため、阻止するのは非常に難しいといえるでしょう。

恋愛経験がある程度ある人であれば、「こういう時もある」程度に考え、夫婦生活の再構築ができれば元の生活に戻る人が大多数です。しかし、そうではない夫、または長期間妻に虐げられてきた夫は、妻との別れを簡単に決意して浮気相手と一緒になることを望んでしまいがちです。夫をおどすつもりで「もう離婚よ!」などと発言した場合、簡単に応じられてしまうこともあるので注意しましょう。

夫に心の浮気を止めてもらうためにはどうしたらいい?

人間の感情をコントロールするのは、大変難しい作業です。もしかしたら、性欲のコントロール以上に難しいのではないでしょうか。頭の中でこれはイケナイことだと分かっていても、感情にブレーキをかけることはできません。この点から考えた場合、夫に心の浮気をやめさせるのは、非常にハードルの高いことだという事実をまずは自分自身で納得しましょう。

ですが、この状態を続けるのはお互いに不幸です。あなたも、夫とまた楽しい生活を送りたい・・と思っているのであれば何とかしなくてはなりません。考えられる方法についてまとめてみました。

自分に足りないことはなかったのか自問してみる

前述しましたが、まずはなぜ夫がよその女性に心だけ奪われてしまったのかを考え、自問して反省してみる必要があります。もちろん、すべてがあなたの責任ではありません。夫の心に隙があったからこそ、このような結果になったのは間違いありません。ですが、もし自分に何か心当たりがあるのなら、しっかり反省して心を入れ替えたところを夫に見てもらうのが一番です!ある意味、自分を磨くということに通じるといえるでしょう。

あなたばかりではなく、夫にも何か足りないところはあったのかもしれません。でも、ここでソレを攻め立てるよりは、あなたが上手に対応をとることが望ましいと思います。夫が浮気相手に本気にならないうちに、行動に移す必要がありますね。

夫と話し合う前に自分がどんな結果を望むのか考えよう

夫に心の浮気をやめてもらうためには話し合いが必要です。でも、まずは話し合いであなたが何を望むのかを考えてみてください。とにかく精神的な心の浮気を止めてもらうように頼み込むのか。または、どんな理由があって、その女性に惹かれたのか、いつからなのかを聞きたい。または、別れるつもりがないなら、今後はその女性とどんな関係を築くつもりなのか聞きたいなど、予め決めておくようにするといいでしょう。

何故かといえば、いざ実際に夫と話し合おうとすると様々な感情があふれ出てしまい、妻が一方的に嘆き悲しんで騒いで終わるというケースが後を絶たないからです。結局話し合いにもならず、何も解決せずに終わればどうすることもできません。

最初から、これとこれを聞く、これを解決したいと決めておき、どんな結果になるように話し合いを導くのかを考えておくと良いようです。

本当に心の浮気だけなのか調査してもいいかも?

あなたはメールやライン、夫の言動などから「夫は心の浮気だけをしている」という判断をしているかもしれませんが、もう既に深い関係でいる可能性も十分考えられます。もし、もう関係を持っているかもしれないと思うのなら、一度浮気調査をしてみてはいかがでしょうか。探偵に浮気調査を依頼して証拠を押さえれば、肉体関係の有無も判明しますし、相手が誰なのかも分かります。

もし浮気相手が分かったら、先に浮気相手にコンタクトをとり、夫と会わないように仕向けることも可能です。もし、浮気相手も別れる気がないなどと発言した場合は慰謝料の請求ができるのも浮気調査の強みです。疑わしい部分があれば先に浮気調査をするのがオススメです。

真剣に夫のことが好きなら再構築したい想いを伝えて

最終的に夫と今後について話し合わねばなりませんが、浮気相手と別れて欲しければ真剣にあなたの思いを伝えるのが一番です。心が満たされず寂しい思いを夫はしていたのかもしれませんが、あなたの言葉で我に返る可能性だって高い確率であるはずです

生きていれば気持ちが揺れたり乱れることもあります。本当に大切なのは妻なんだと夫が自覚してくれれば、再構築も難しい話ではありません。夫の心の浮気であなたも傷ついているでしょうが、折れる時も必要な場合があることを覚えておくといいかもしれませんね。

夫の心の浮気は許せないけど、再構築したいなら反省しなければいけない時もある

肉体的な浮気もイヤだけど、心の浮気こそ絶対に許せないと考える女性は多いものです。しかし、夫婦間の信頼関係が出来ていなかったり、夫が疎外感を覚えている時は、家庭の外に癒しを求める時もあります。

もちろん、その対象が趣味やスポーツ、ペット等になればいいのですが、時として身近にいる女性に癒しを求めた場合は心の浮気に繋がります。特に結婚前にあまり遊んでいなかった夫であれば、心の浮気がきっかけで本気の恋愛や不倫に走りがちです。身体の関係がなければ一般的に浮気にはなりませんが、止めて欲しければあなたの行動や発言を反省し、話し合いを持たねばなりません。

体目当ての浮気以上に阻止するのが難しい「心の浮気」ですが、夫を責めたてることばかりを考えず自分の今までの行動を省みることで、打開するキッカケは残っているといえるでしょう。

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-浮気されたらどうする?

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.