浮気されたらどうする?

浮気の証拠をつかんだ後の対応は?

更新日:

離婚する・しないは決めてないけど解決したい!浮気の証拠をつかんだ後の対応】

「夫の浮気は確実になったけれど、これからどうしよう。」・・まだ考えがまとまらず、悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。金銭面や子供の養育の面などで離婚するかしないかはまだ決めかねているけれど、今後どういった対応をしていいのかが分からないと困ってしまいますね。

 

浮気の証拠は離婚するしないに関わらず押さえた方が良いとは聞きますが、証拠を押さえた後の身の振り方に悩んではいないでしょうか。今回は浮気の証拠をつかんだ後の対応の仕方について考えていきましょう。

浮気の証拠は足りている?しっかりチェックして体制を整えよう

悩み

離婚して慰謝料請求をするのか再構築するのかまだ決めていなくても、浮気の証拠はしっかりと押さえた方がいいというのは周知の事実です。しかし、自分自身では「証拠が揃ったわ」と思っていても、実際は証拠として機能していないものも多く、いざ裁判になっても全然使えなかったという話もよく聞きます。

 

有利な立場で離婚できると思っていた、浮気相手に慰謝料請求ができると思っていたにも関わらず、あなたの意向が全く採用されなかったら悔やんでも悔やみきれませんね。そんな悲劇を未然に防ぐためにも、あなたが押さえている夫の浮気の証拠は十分なのか確認しておくといいでしょう。

裁判で「浮気」と認められるのは「不貞の証拠」だけ

夫婦は民法第752条に「配偶者以外の異性と自由な意思で不貞行為を行ってはいけない」と義務付けられています。つまり夫婦間には貞操の義務があり、自分の意思で他の女性と肉体的な関係を持つのは「不貞行為」にあたり、義務違反であることが明らかになっています。

 

裁判などで認められている浮気の証拠は、不貞行為が証明されるものでなければなりません。つまり、肉体関係が確実にあったことを証明する必要があります。肉体関係を持ったことが証明された証拠を「不貞の証拠」と呼び、不貞の証拠の有無で判決が変わってくることを念頭に置かねばなりません。

 

あなたが押さえた証拠は「不貞の証拠」でしょうか?それとも法的に認められにくい「足りない証拠」ではないでしょうか?まずは、しっかりと確認しておきましょう。

状況証拠にはなるが浮気の証拠としては不十分なもの

  • メールやライン

夫の浮気の多くが、メールやラインの履歴で発覚しています。「好きだ」「愛している」「妻と別れて君と一緒になりたい」など、浮気相手と親密なメッセージの交換をしていれば、立派な浮気の証拠になると思ってはいませんか?

 

メールやラインだけの言葉のやり取りだけでは、不貞関係があったことは認められません。メッセージの内容が性行為に及んでいれば多少は意味を持ちますが、「冗談で書いただけ」と夫が言えば証拠としては弱くなります。また、そもそもメールやラインの文章は偽造工作がしやすいため、証拠としては足りないと考えておかねばなりません。

 

  • 通話履歴

特定の女性と頻繁に電話している履歴がスマホや携帯電話に残されていたら、浮気の証拠になるのでしょうか?頻繁な通話履歴があり、夫も残業や休日出勤などと言って外出が増えていれば、浮気を疑ってしまうのも当然の話です。

 

しかし、通話履歴、着信履歴があっただけでは浮気の証拠としては認められません。頻繁に連絡を取っていたとしても、「相談に乗っていた」「仕事上の話をしていただけ」と言われてしまえば、覆すことは難しいかも。何らかのつながりがあったことは認められても、肉体関係があった証拠としては弱いと言わざるを得ませんね。

 

  • ラブラブな写真

キスや抱き合っている写真が夫のスマホに保存されていた、または車の中やカバンの中から出てきた・・そんな時は「すごい浮気の証拠を見つけた!」と考えてしまいがちですよね。

 

ですが、裸で抱き合っている写真であれば不貞行為が認められるかもしれませんが、キスしている程度のものでは残念ながら証拠としてはまったく足りていません。例えば夫が「酔った勢いでキスしただけなので性行為はしていない」と主張した場合、夫の意見が採用されます。どんなに親密そうに見える写真であっても、そこに確実な肉体関係の有無が確認できなければ、証拠としては弱くなるのは確実です。

 

  • コンドームや精力剤を持ち歩いていた

車のトランクやグローブボックス、または仕事で毎日持ち歩くカバンの中にコンドームや精力剤が隠されていれば、浮気は間違いないとあなたは思うはずです。しかし「妻と使うつもりで買っただけ」「友人にもらった」等と夫が言い訳したら、証拠としては採用されません。

 

ただし、あなたたち夫婦の関係がレスだったり、毎日数を確認したら減っているなどの状況証拠があれば、後々何かに使えるかもしれません。証拠としては弱く確実な不貞の証拠にはなりませんが、状況証拠として確認すべき事項でしょう。

 

  • ラブホテルのレシートやクーポン券、ポイントカード

不倫カップルが浮気する場合、その多くがラブホテルを利用しているのは確実です。夫が怪しげなレシートを持っていた場合はラブホテルのレシートかもしれません。また、ラブホの割引クーポン券やポイントカードを夫が持っていれば、間違いなく浮気をしたと考えられます。では、ラブホテルのレシートやクーポン券、ポイントカードは不貞の証拠として認められるのでしょうか。

 

確かにラブホテルは肉体関係を持つ場所です。しかし、夫が確実に行ったという証拠がなければ不貞の証拠にはなりません。「レシートはお釣りのお金に混じっていたのでは?」「クーポン券は道を歩いていて貰いました」「ポイントカードは拾った」と言えば、夫がラブホに行った証拠にはならず、誰かと行為に及んだとは断定しにくいのが現実です。

証拠として十分な不貞の証拠になるもの

では逆に「これさえあれば浮気の証拠として十分!」という不貞の証拠にはどんなものがあるのかを確認しましょう。

 

  • ラブホテルへ出入りしている鮮明な画像や動画

夫が浮気相手と連れ立って、ラブホテルへ出入りしている鮮明な画像(写真)や動画があれば不貞行為は認められます。ラブホは肉体関係を持つ場所と言う認識なので、一緒に出入りしていれば間違いなく不貞の証拠と認められるでしょう。

 

  • 浮気相手の居住地に最低でも3回以上出入りしている鮮明な画像や動画

ラブホテルに次いで、不倫の場所として選ばれるのが浮気相手の居住地(自宅)です。夫が浮気相手の家に最低でも3回以上出入りしている鮮明な画像や動画があれば不貞関係が認められます。

 

ここで疑問になるのがなぜ3回以上なのか・・ということ。自宅と言うのは生活空間であり、性行為をする場所と言う認識ではありません。ですから、夫が浮気相手らしき女性宅を1、2度訪問したとしても性的な関係があったとは立証されません。「他人に聞かれたくない業務上の悩みを聞いてお茶を飲んでいただけ」と夫が言えば、浮気とは認められないと考えられます。

 

男女の関係があったと証明されるのは最低でも3回以上、できれば5回程度出入りしている画像や動画があれば完璧です

 

  • 浮気を認めた公的な文章

いわゆる不貞の証明がなかったにも関わらず、夫や浮気相手が不倫(性的な関係)を認めた場合も不貞関係があった証拠になります。この場合は示談書などを作成し、署名捺印してもらい公証役場で公正証書として扱ってもらうようにしましょう。公正証書であれば公的な書類になるので、後で発言を覆した時にも「不貞の証拠」として認められます。

夫とのやり直しを考えている時の証拠を押さえた後の対応の仕方

喧嘩浮気は事実だけど、夫とは別れたくない。そんな女性も勿論いらっしゃるはずです。まだ子供が小さい、金銭面での不安、夫のことがまだ好きだ・・理由は様々ですが、夫と別れたくない時はどんな対応をしたら良いのでしょうか。

離婚届不受理申出を役所に提出しよう

あなたは夫と別れたくない。でも夫は浮気相手に完全にのめりこんであなたと離婚したがっている場合は、役所に「離婚届不受理申出」を提出しましょう。民法では浮気した側(有責配偶者)からの一方的な離婚請求は拒否できます。あなたが浮気の証拠を押さえているのであれば、離婚届不受理申出を役所に提出しておくようにしましょう。

証拠を盾に夫と話し合う

確実な浮気の証拠「不貞の証拠」があれば、夫と話し合いの場を設けることも一つの方法です。「証拠はしっかり揃っている、でもあなたがやり直す気持ちがあれば許す」と素直に話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

証拠がなければ言い逃れしたり、逆ギレする可能性が高いですが、不貞の証拠があれば夫も観念するはずです。その際に、夫がどんな反応なのかを確認しましょう。「浮気相手の女性に慰謝料請求を考えている」と言ってみてください。夫は浮気相手にその事実を伝えるはずです。慰謝料請求の話が出たら、ほとんどの女性は逃げ出すでしょう。

 

その時の夫の反応を確かめてみましょう。浮気相手をかばう様子があれば、離婚した方がいいかもしれません。真摯に反省し、あなたに謝罪するのであれば再構築も可能です。

夫との離婚を考えている時の証拠を押さえた後の対応の仕方

浮気の証拠もあるし、夫も浮気相手も許せない!あなたがそう思っている時は証拠を使って自分に有利な離婚や慰謝料請求に関する行動を始めましょう。

浮気相手に慰謝料請求

浮気相手に対してはまず、内容証明郵便を出して慰謝料の支払を要求します。相手が応じれば慰謝料の支払を受け、示談書の作成になりますが、拒否した場合は訴訟を起こさねばなりません。

夫に離婚、慰謝料を請求

夫に対しても離婚、慰謝料請求が可能です。夫が異議を唱えた場合は裁判に発展する可能性もあります。この際も、あなたの要望を通すためには「不貞の証拠」の有無が大きなポイントになるでしょう。

 

慰謝料請求裁判や離婚裁判になれば、訴訟費用や弁護士費用などを負担するケースも発生します。ですが、不貞の証拠があれば、確実に慰謝料の支払を受けることが出来ます。養育費の請求、財産分与などに関してもあなたの要求が通りやすくなるでしょう。証拠が不足していると、あなたが満足する結果では終わらない可能性があります。夫と離婚を考えているのであれば、証拠が不足していないか事前にしっかりと確認しなければなりません。

まだ明確に決まっていない時の対応の仕方

報告書

浮気している事実は判明したけど、まだどうするのか決めていない、または決めかねている。そんな時はどのように対応するのが良いのでしょうか。

 

今後、あなたがどうなるのかはまだ分かりません。であるならば、何が起きてもいいように証拠固めをするのが一番適切だと言えるでしょう。再構築するにしろ、夫と別れて慰謝料を請求するにしろ、しっかりとした不貞の証拠を押さえることが大切なのではないでしょうか?

状況証拠を揃えて探偵に浮気調査を依頼

メールやラインの内容、着信履歴から判明した電話番号、または浮気相手らしき写真を揃え、探偵に浮気調査を依頼すると確実に不貞の証拠を入手できます。また、浮気相手の素性調査も同時にしてもらえば、氏名や年齢・住所・職場なども判明します。浮気相手に慰謝料請求をする場合は氏名や住所が必要なので、調べてもらうと完璧です。

 

探偵は調査のプロです。ですから、精密機器・特殊機器を使って、確実に言い逃れできない不貞の証拠を押さえてくれます。例えばラブホテルへ出入りする写真を不貞の証拠として提出する際も、少しでもブレていたりボケていれば証拠としては採用されません。素人が尾行して撮影した場合、すべてが徒労に終わる可能性もあるので、やはりここはプロにお願いしたいところと言えるでしょう。

調査報告書を作成してもらう

ラブホテルへ行った、浮気相手の女性宅に行った・・と言っても、重要なのはその滞在時間です。例えば出入りしている証拠写真を撮影したとしても、「10分で出てきたので肉体関係はありません」等と夫が言い訳する可能性も否定できません。

 

一般的には肉体関係があったと推測するためには、最低でも30分から40分程度の滞在が絶対条件になります。「他人に聞かれたくない業務上の話をしにラブホへ行きましたが10分後に退出しました」等と言い張れば、不貞の証明ができないことになるでしょう。

 

探偵に浮気調査を頼めば、裁判所に提出できるようなシッカリとした調査報告書を作成してくれます。写真や動画にもしっかりと時刻が印字されているものを使用したり、客観的に滞在時間が分かるような精度の高い報告書があれば、対策は万全です。

つかんでいる証拠が裁判や慰謝料請求に使えるものかどうかを確認しよう!

再構築を考えるにしろ、離婚するにしろ、慰謝料を請求するにしろ、浮気の証拠が裁判で使えるような「強い証拠」であるかどうかが重要になってきます。「証拠を押さえた!」とはいっても実際に裁判で争えるようなものでなければ意味をなしません

 

あなたが掴んだ証拠は十分に足りているでしょうか?万が一、裁判に発展した時にも使える不貞の証拠でしょうか?もし、証拠として不足していると思えるのであれば、確実な証拠を押さえるために対応すべきと考えられます。やり直しするつもりだから不貞の証拠は必要ないと今は思っていても、今後状況がどう変化するのかは誰にも分からないということを心に留めておきたいものです。

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-浮気されたらどうする?

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.