浮気が発覚

夫に一方的に離婚を切り出されていましたが、浮気が原因だったことが発覚

投稿日:

「離婚したい」「一人にしてくれ」・・ある日突然、夫に浮気を切り出されたら、あなたはどうしますか?いくら原因を考えても分からない。離婚はしたくないと話を持ち掛けても聞く耳を持ってくれない。家を追い出されたり、夫が出て行ってしまえば離婚は現実的な話になってしまいます。

 

このように一方的に離婚を切り出された場合、その原因が夫の浮気によるものである可能性が高いと考えられます。浮気が原因で離婚を切り出されたり、家を追い出された時はどうすべきなのかを考えていきましょう。

一方的に離婚を切り出されても、別れる必要はありません

離婚届

夫が浮気している状態であなたに離婚を迫ったとしても、自分が望まないのであれば離婚する必要はありません。夫は間違いなく浮気を認めない上に、「性格の不一致」で協議離婚を迫るはずですが、あなたが応じる義務はないことを覚えておきましょう。

すぐに離婚に応じるのは絶対にやめて

夫から一方的に「別れよう」と言われたとしても、自分で納得がいかなければ応じずにいましょう。夫から離婚請求裁判を起こされる可能性も少なからずありますが、夫自身が浮気している場合は、そこまでの強硬手段には出ないはずです。

 

「お前とは気が合わない」「価値観が合わないから離婚したい」等のもっともらしい理由で離婚を切り出しますが、相手にするべきではありません。夫から離婚に関する件で嫌がらせやDVを受けた場合は弁護士や警察、行政機関に相談したうえで、病院へ行って診断書をとるようにして下さい。

一方的に家を追い出されてしまった時にすべきこと

苦悩

とにかくお前とはいたくない、顔も見たくないと家を追い出されてしまった時は、いったいどうすべきなのでしょうか。あなたは実家に身を寄せているか、アパートを借りて住んでいるはずですが、お金の工面も難しい状況と考えられます。家を追い出されたときにすべきことを確認しておきましょう。

婚姻費用分担請求調停の準備をしよう

いきなり家を追い出され、経済的に緊迫した状況であれば、婚姻費用分担請求調停の準備を始めましょう。婚姻関係が継続した状態なのに家賃や生活費などが渡されていなければ、夫に対して申し立て出来ます。家賃や食費、光熱費、医療費など生活に関わる全ての費用が対象となります。

 

未成年の子供がおり、子供が就業していない限りは子供の養育費や教育費についても請求できます。双方の収入によってどれだけ負担されるかが決められますが、専業主婦やパート、アルバイト勤務の方は調停の準備を始めまておくと良いでしょう。レシートや領収書を保存し、家計簿などをつけておくと分かりやすいですね。

耐え難い精神的苦痛を感じたら受診しよう

夫に浮気された上に家を追い出されたのですから、その精神的苦痛は耐えがたいもののはずです。我慢できないと感じたら、迷わず病院を受診して診断書を書いてもらうようにして下さい。

 

あなたは浮気された側ですから、夫や浮気相手に対して慰謝料請求をする権利があります。どれほど辛い思いをしたか・・という精神的な苦痛に対して支払われるのが慰謝料ですから、診断書があれば間違いなく考慮されるはずです。

 

今後の生活を考えた上でも、早めの受診、早めの治療が良いのは言うまでもありません。体調が優れない時は無理せずに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

夫と話し合うためには浮気の証拠が必要です

とにかく離婚しよう、離婚したいと迫り、聞く耳を持たない夫と話し合うために必要なのが浮気の証拠です。浮気していることがあなたにバレていても、確実な証拠がなければ「性格の不一致」で夫は離婚を押し進めるはず。話し合いを行うには、言い逃れできない浮気の証拠が絶対に必要です。

メールやライン、キス写真は浮気の証拠になるの?

「離婚したいのは、あなたが浮気しているからでしょ!」・・この一言を切り出すためには、決定的な浮気の証拠が必要です。証拠がなければ夫は言い逃れをしますし、なんだかんだとイチャモンをつけてあなたと別れようと画策するはずです。

 

「妻と別れて君と結婚したい」「愛している」という浮気相手と交わしたメールやライン、浮気相手とキスしている写真などは、実は決定的な浮気の証拠にはなりません。夫があなたの知らない避妊具や精力剤を持っていたとしても同様です。これらの証拠程度では「冗談でいっただけ」「酔ってキスしただけ」「いつか妻と使うつもりだった」と言い訳されてしまう可能性があるからです。

決定的な浮気の証拠は不貞の証拠だけ

言い逃れできない、離婚や慰謝料請求裁判でも使える浮気の証拠は「不貞の証拠」と呼ばれるものだけです。法律的な浮気の定義とは、配偶者が自分の意思で他の人と肉体関係を持ったことのみが該当します。いくら怪しい関係に見えても、客観的に肉体関係が認められなければ「浮気」として判断されません。精神的に惹かれていただけのプラトクニックな関係であれば、浮気には該当しないのが現実です。

 

夫がキス写真や避妊具を隠し持っていれば、浮気相手と肉体関係があったとあなたは予想するでしょう。しかし、「そこまでは行っていません」と言い逃れできる余地があれば、法律上は不貞関係(肉体関係)があったと認められません。あなたが知り得る浮気の証拠は、法律的には弱い、使えない浮気の証拠になるはずです。

不貞の証拠とはどんなもの?

慰謝料や離婚裁判でも優位になる不貞の証拠とは「浮気相手とラブホテルを出入りする鮮明な写真や動画」「浮気相手の居住地に最低でも3回以上出入りする鮮明な写真や動画」などです。言い逃れできないほど鮮明な画像や動画であることが必須条件なので、探偵に依頼して押さえるのが一般的です。

 

特に自宅に出入りする写真や動画は最低でも三回以上、出来れば五回程度の物証が必要です。肉体関係を持つ場所であるラブホテルへの出入りと異なるため、複数回の証拠が欲しいところ。滞在時間や電気が消えた瞬間の写真や動画などの調査報告書があれば完璧です。ぜひ探偵に依頼して証拠写真や動画、調査報告書をまとめてもらうことをお勧めします。

 

また、同時に浮気相手に関して素行調査を実施してもらえば、どんな人物なのか判明します。慰謝料請求時には浮気相手の本名や住所などが必要なので、一緒に調べてもらうと良いですね。

不貞の証拠を提示して夫と話し合いを持とう

不貞の証拠を押さえたら、夫と話し合いを開始しましょう。直接話し合うのが怖い、抵抗があるというのであれば、弁護士を立てるのも良いでしょう。探偵事務所では浮気問題に強い弁護士を紹介してくれます。弁護士に知り合いがいない場合は、紹介してもらうとスムーズです。

 

まずは、離婚したい理由が「性格の不一致」ではなく、浮気にあることを認めさせなくてはなりません。メールやライン程度の証拠であれば言い逃れできても、不貞の証拠があればどうすることも出来ません。夫が自身の浮気を認めた後、どうするのかについて考えをまとめておきましょう。離婚が免れない事態になったら、あなたに有利な離婚条件、慰謝料請求、浮気相手に対する慰謝料請求に関して調停や裁判を起こす準備を進めておきましょう。

離婚を突きつけられ、浮気が発覚してからの対応

浮気

とにかく理由もなく一方的に離婚を突きつけられた場合、必ず裏に女性の影があるといっても過言ではありません。離婚しようと切り出された瞬間から、浮気調査を始める準備を開始しておきましょう。

家を追い出されたら婚姻費用分担請求調停を準備しよう

「離婚したいからお前は出ていけ!」と追い出されても、あなたはお金がありません。婚姻関係が継続している間は、夫婦は生活にかかる費用を分担する責任があります。一切の生活費を貰っていない場合は、別居中にかかったお金を夫に分担してもらわねばなりません。食費、家賃、光熱費、養育費、教育費などを請求する「婚姻費用分担請求調停」を開始してください。

 

これは離婚調停、離婚裁判の成立前でも申し立てすることが可能です。あなたが専業主婦やパートで収入がない、もしくは少ない場合は申し立てて生活費の足しにしましょう。

探偵に浮気調査を依頼しよう

次にすべきなのが、探偵への浮気調査の依頼です。浮気相手に慰謝料を請求するためにも、女性の素性調査も同時に行うと便利です。ここで大切なのが、探偵には必ず「不貞の証拠を押さえてください」と依頼することです。万が一、裁判などに発展した場合は不貞の証拠の有無によって判決が大幅に変わってきます。浮気相手に慰謝料を請求するために、浮気相手の素性調査も行うようにしてください。

不貞の証拠を押さえたら浮気相手に慰謝料を請求しよう

不貞の証拠を押さえたら浮気相手に対して慰謝料を請求しましょう。内容証明郵便を送付して相手の対応を見ます。相手が要求に従えば、慰謝料の支払を受けて示談書(和解書)を作成します。示談書が出来上がったら、公正役場に持ち込んで公正証書にしておくといいでしょう。公正証書になった示談書は「不貞の証拠」になるのであなたは、より強い証拠を得たことになるはずです。

 

もし、あなたの要求に異議を唱えた場合は調停、裁判への準備を進めなくてはなりません。ですが、不貞の証拠があれば夫と浮気相手が肉体関係があったことが証明されるため、逃げられる心配はありません。手続きが面倒、浮気相手の顔も見たくない場合は弁護士に一任すると良いでしょう。

夫と話し合いを持つ

不貞の証拠を得た後は、浮気相手への慰謝料請求と同時に夫との話し合いを進めることになります。直接会うのが怖い、対応したくない場合は弁護士に仲介を依頼しても構いません。まずは不貞の証拠を提示し、離婚したい理由が自身の浮気にあることを認めさせねばなりません

 

夫がすんなりと責任が自分にあることを認めたら、話し合いはスムーズに進みます。今後どうするのか、離婚するのであれば慰謝料や養育費、親権、財産分与に関しても決めていきましょう。また、夫が反省し、離婚が撤回されるケースもわずかながら考えられます。再構築を考えているのであれば、役所に『離婚届不受理申出』をしておくと勝手に離婚届を提出される恐れはなくなります。

夫が認めなければ調停・裁判へ

不貞の証拠を提示されてもなお、「離婚したいのはお前と性格が合わないからだ!」と言い張り、浮気を認めない(慰謝料を支払わない)夫はどうすべきでしょうか。この際は、徹底的に夫と闘わねばなりません。裁判所に調停を申し立て、決裂した場合は裁判へと進むことになります。

 

ここで重要なのは、離婚するにしろ原因は夫の浮気であることを認めさせる必要があるということ。夫の浮気が原因で離婚するのであれば、慰謝料の支払はモチロン、親権、養育費に関してもあなたの要望を通さねばなりません。ここで大いに役立つのが前述した不貞の証拠です。しっかりした不貞の証拠があれば、裁判でも夫の言い分が通用することはありません。弁護士費用や浮気調査にかかった費用も慰謝料に上乗せして、支払ってもらうことが出来るはずです。

一方的な離婚宣言の裏には女がいます!証拠を掴んで浮気相手と夫に慰謝料請求を!

急に離婚を切り出された場合、夫が陰で浮気をしている可能性が濃厚です。しかし、慰謝料を支払いたくない夫は絶対に浮気が原因だとは言いません。そこで必要なのが言い逃れできない浮気の証拠『不貞の証拠』です。不貞の証拠があれば浮気相手や夫に慰謝料請求ができます。離婚するにしても、原因は夫の浮気であることを認めてもらいましょう。決して泣き寝入りしてはいけません

 

探偵に浮気調査、浮気相手の素性調査をしてもらい、慰謝料の請求をしましょう。同時に夫に浮気を認めさせ、今後のことを話し合う必要があります。夫が浮気を認めなかったり、慰謝料の支払を拒否したら、裁判所に調停を申し立てましょう。決裂した場合は裁判になりますが、不貞の証拠があれば何も心配はいりません。手続きが面倒だったり、顔を合わせたくなければ弁護士を立てればいいだけです。

 

一番悪いのは離婚しようと一方的に切り出されて、動転して夫の要求をそのまま呑んでしまうこと。性格の不一致で離婚したら、夫への慰謝料の請求はおろか、浮気相手に慰謝料を支払ってもらうことも叶いません。まずは探偵に浮気調査を依頼し、落ち着いて行動することが大切です。

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-浮気が発覚

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.