夫・浮気相手にできる制裁

同じ職場の浮気相手に退職、異動、転職してほしい

更新日:

「浮気を繰り返させないために相手に退職、異動、転職させる方法はありますか?」

数々の不倫の話を聞くと、同じ職場に働いている人同士が関係を持ってしまうケースは多いです。

やはり、毎日のように顔を見合わせますし、長い時間をともにする間柄ですから、当然と言えば当然のような気もしますよね。

でも、業務上、毎日顔を合わせる関係の場合は、なかなか浮気を止めないというデータもあります。

奥さんにバレたにも関わらず、関係を続けてしまうこともあるようです。このままでは、「完全に家庭が壊れてしまう」、「出来ることならば相手に退職、もしくは遠くへ異動してほしい」と考える女性も多いはずです。では、こちらから浮気相手に退職を要求することは、果たして可能なのでしょうか?

浮気相手に退職、異動、転職を強要することは出来ない

退職

「あの女と毎日顔を合わせるなんて我慢できない!」そう思い、浮気相手に退職や転職してもらいたいと考える方がいます。

浮気を止めさせる一番良い方法は、会わないことです。でも、職場が一緒である限りは、どちらかが退職するか転職するしか方法はありませんよね。

あなたは自分の夫にそのまま仕事を続けて欲しいと考えています。収入が減れば家庭も困りますし、仕事を辞めるのは浮気相手しかないと思っているでしょう

ですが、いくら浮気相手とはいえ仕事を辞めさせる、異動を強要することはできません。

被害者だからといって何でも要求できるわけではない

あなたは夫と浮気相手によって、精神的な苦痛を負わされた、いわば被害者です。ですから、自分の要求は何でも相手は飲んでくれると考えているかもしれません。

しかし、被害者だからと言って何でも要求することはできません。相手も生活が懸かっているのですから、強引に仕事を辞めさせるわけにはいかないことは理解してもらえるでしょう。

しかし、「仕事を辞めなければ会社に言う」「転職しないなら、あなたの親に不倫を教える」などといって強要した場合は、脅迫罪に該当してしまいます

こうなると、逆にあなたが加害者になって罪に問われたり、損害賠償を請求される危険性もあります。浮気相手が強引にご主人を誘っていたという場合でも、退職や転職の強要はできません。

浮気相手に対してできることは慰謝料を請求することです。

→「浮気相手の職場に不倫をばらしたい

→「浮気相手の職場・勤務先を特定するとできること

→「浮気相手への仕返しはどこまでが合法的ですか?ばらしても大丈夫?

社内の浮気はコンプライアンス違反にならないの?

最近の職場では、それぞれの企業が法律や内規の基本的なルールである「コンプライアンス」の遵守が実行されています。

有名なものでは、セクハラやモラハラなどの行為が行われていないか等、厳しく取り締まられることになります。では、社内で発生した浮気をコンプライアンス違反で相談することはできないのでしょうか?

基本的に、配偶者がいる人にとって浮気は、不法行為であるには間違いありません。その相手が同じ職場にいるということは、倫理的には非難されるべきものです。

しかし、原則的に浮気は私生活上の問題で、職場の業務には関係ないと考えられています。たとえば、あなたの夫と浮気相手の関係が職場にもバレバレで、気まずい雰囲気になっていたとします。

しかし、それでもコンプライアンス違反で処分を受けるかどうかは会社次第になります。

仕事中に浮気していることが分かった場合は?

会社

仕事中に浮気をしていた時はどうなるのでしょうか。

営業の途中で二人でラブホテルへ行ったり、残業中に関係を持っていたことが発覚した場合は会社に責任があるから対応をしてもらえそうですよね。

この場合、職務規定に『企業秩序が乱れ、企業運営に具体的な支障が発生した場合は不倫は懲戒の理由になる』旨が記載されていた場合は、会社に伝えると対応してもらえるでしょう。

会社に仕事中の浮気について管理責任を問うことはできます。ただ、浮気相手について異動や退職をお願いすることはできませんし、処分の内容は会社次第です。

職務に全うしなければならない仕事中に浮気していた時は、懲戒を含めた処分が検討されるでしょう。また、処分を下されたことで会社に居づらくなり、自主的に退職していくケースもあります。

とある話では浮気されて離婚歴がある会社では、浮気に対して厳しく不貞がばれただけで仕事をクビになったなんてこともありました。

しかし、懲戒処分とはいえ『解雇』に至るまでには、一定の限度を超えたケースでなければ難しいと考えられます。

その際には夫も同様の処分を受けることになるので、夫とのやり直しを考えている際には夫に転職を促したほうがいいでしょう。

浮気相手に自主的に退職してもらうことはできないの?

浮気問題で会社を辞めさせるのは、個人的にも、そして会社側からも要求するのが難しいことが分かりました。でも、何とかして辞めさせたい。その場合に何か方法はないのでしょうか?

慰謝料請求時の交渉材料として使う

あなたが、夫と浮気相手の間に肉体関係があったことを裏付ける『不貞の証拠』を入手した場合、相手に対して慰謝料請求をすることが出来ます。

この際に、『もし、退職してくれるのであれば慰謝料の請求を取り下げても良い』という交換条件を提示するのもひとつの方法です。

浮気相手が正社員だった時は、退職は難しいかもしれません。ですが、女性がパートやアルバイト勤務だった場合、「慰謝料を支払わなくていいのなら辞めた方がいいかも」と思う可能性もあります。

しかし、この際は決して強要するものではなく、穏便にお願いするのがルールといえます。

ただ、もし相手が「職場を辞めたくない」と思っている時は、あなたの要求に応じる義務は一切ありません。

また、言い方によっては『強要』と受けとられることも考えられます。交渉をする時には自分で交渉せず、必ず弁護士を通して行いましょう。

夫の立場を悪化させずに浮気相手と引き離したい場合は?

「夫と浮気相手の関係を会社に相談すれば、もしかしたら配置転換や異動措置を取ってもらえるかも?」とは誰しもが思うことです。

しかし、会社に相談した場合は、間違いなく夫の立場が悪くなるはずです。例えば、夫が上司で浮気相手が部下だった場合は、夫の責任の方が重くなります

エリート社員と呼ばれ、将来を約束された地位にいたご主人だったとしても、左遷されてしまえば、後は本線に戻ることは不可能でしょう。

夫と離婚を希望していない時は、あなたにとっても夫の配置転換は大きな痛手になります。では、会社に報告せずに浮気相手と引き離したい場合は、どうしたらよいのでしょうか?

再発防止のためには誓約書や示談書が有効

誓約書

職場に二人の不倫を相談できないとなれば、今回浮気が発覚してしばらくナリを潜めていても、再発する可能性は大いに高いといえるでしょう。浮気の再発を防ぐ方法には何があるのでしょうか?

この場合に最も有効なのは、誓約書を交わすことです。「今後一切、私的な連絡を取らない」「二度と不倫関係にならない」という旨の内容で、浮気相手に誓約してもらうのが一番です。

もし、この誓約書に違反した時は、違約金が発生することを提示した示談書の作成も必要です。

違反した時は違約金が発生するとしても、100%、二度と浮気しないという保証はありません。

ですが、浮気に対して大きな抑止力になってくれます。ただし、法外に高い違約金の設定をした場合は、公序良俗に反しているとされて無効になるケースもあるようです。

浮気相手が支払うと約束した慰謝料の2~3倍程度を目安に違約金の設定をするのが一般的です。

再構築をしてくて浮気相手に退職させるよりも、二人が関係を持たないように、必ず誓約書を交わしておくことの方が簡単かつ確実です。

確実な浮気の証拠は前もって抑えておくこと

慰謝料の請求や誓約書を交わす前に、確実に夫と浮気相手の間に肉体関係があったという証拠を入手しておきましょう。

忘年会の二次会でキスしていた写真だけでは、肉体関係があったと推測される「不貞の証拠」とは認められません。もちろん、メールやLINEなどで親密だったとしても、肉体関係があったとは立証されません。確実な証拠を準備することが大切です。

不貞の関係だったと認証されるのは、ラブホテルへ出入りしている鮮明な画像や動画、浮気相手の自宅へ3回以上出入りしている明瞭な画像や動画が必要です。

これさえあれば、浮気相手に慰謝料を請求できますし、万が一、離婚する時もあなたに有利に働きます。

不貞の証拠を抑えて浮気相手に交渉を考えているなら、探偵に浮気調査を依頼することが確実です。職場不倫であれば尾行などもしやすいでしょうし、浮気をしている時間帯を特定しやすいので、費用も安く抑えられるでしょう。

→「浮気相手に慰謝料請求をしたいけれど、証拠がない時は?

→「探偵に浮気調査を頼めば浮気相手と別れさせて再構築できる

浮気相手に退職や転職は強要できない!再発を防ぐためには示談で誓約書を!

不法行為である既婚者との不倫ですが、あなたが浮気相手に退職や転職を強要することはできません

あなたが離婚しない場合、会社に不倫関係を相談することが可能です。会社に相談した場合は、異動や配置転換などの措置が取られるケースもありますが、一方的に浮気相手を解雇することはできません。また、会社へ伝えた場合、あなたの夫の立場が悪くなってしまいます。

夫の立場を悪化させずに浮気を防止したい時は、慰謝料請求時等に誓約書を交わすのが最も良い方法です

私的な関係を二度と持たないことを約束させ、違反した場合は違約金が発生するという示談にするといいでしょう。

約束を守らなければ「違約金が発生する」ことで、浮気の再発を防ぐことができます。「顔を見合わせて欲しくない」という願いは叶いませんが、二度と浮気させない手段としては有効な方法といえるのではないでしょうか。

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-夫・浮気相手にできる制裁

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.