浮気されたらどうする?

夫が浮気相手と口裏を合わせバレないように工作している

投稿日:

「浮気相手とはすでに別れたけれど、お前と離婚したい」・・こんなことを夫から突然言われたら、誰しもが驚くはずです。こんな時は大概まだ不倫は継続中。しかもあなたと別れた後は浮気相手と再婚を考えているパターンが多く、浮気が原因で別れたことにしないように工作していることが考えられます。

 

今回は夫が浮気相手と口裏合わせをし、別れていることにして離婚を進めようとしている時はどうすべきかを考えていきたいと思います。

浮気相手とは別れたけど離婚を切り出すのはクロと考えよう!

離婚

あなたに一度浮気がバレた後「浮気相手とは別れたけれど、もうお前とは別れたい」「浮気とは関係なく、お前とは今後やっていけそうにない」という夫の言葉に真実はありません。

 

ほぼ100%に近い確率で浮気相手との関係は続いています。そして、あなたと『浮気が原因ではない、性格の不一致』が理由で離婚を成立させ、浮気相手との再婚を考えているといって間違いないはずです。

浮気の有責者からの離婚は基本的に無効

民法では有責者からの一方的な離婚届は受理されません。つまり、浮気が理由で離婚するのであれば、夫からの離婚は不可能ということになります。しかし、一般的な協議離婚で「性格の不一致」などの原因であれば、強引に離婚に持ち込むことは可能です。

 

多分、夫は「浮気相手と別れた」と言えば、離婚理由が不倫にはならないと思っているはず。厳密にいえば、例え別れていたとしても不倫した事実があれば、あなたは役所に『離婚届不受理申出』を届けることができます。まずは、夫から離婚を切り出されたら、迷わずに役所に離婚届不受理申出を提出しましょう。

浮気相手を問い詰めても口裏合わせをしているので無駄です

浮気

浮気相手を知っているのであれば、本当に夫と別れているのか問い詰めたくなる気持ちは分かります。しかし、問い詰めても時間の無駄です。間違いなく夫と浮気相手は口裏合わせをしています。

あなたの夫とは既に別れたと言ってごまかす

あなたが夫と浮気相手の不倫の事実を知っている場合、浮気相手のことも当然知っているはずです。「夫が別れたいと言ってきた。あなたとまだ続いているんでしょう?」と聞いても本当のことは絶対に言いません。「もう別れています!」「会ってません。言いがかりをつけないでください!」と強気な態度をとる可能性があります。

 

そして「別れる原因はあなたたち夫婦の問題で私には一切関係ない」というスタンスを取ります。浮気が原因では離婚できない、最悪の場合は自分に慰謝料を請求される恐れがあることを知っているからです。あなたの夫と「何を聞かれても知らない、もう別れたといっておこう」と口裏合わせをしています。

「名誉棄損」だと言って逆ギレする

夫が浮気していた事実は知っているけれど、相手が「多分この人であろう」と推測する程度しか知らない場合、問い詰めると逆ギレされる可能性があります。相手が誰なのか確実な証拠がない状況で「あなた、私の夫と付き合っていて結婚するつもりなんでしょう!」等という発言は危険すぎるかもしれません。

 

浮気していた、そして相手がその女性で間違いないという証拠がなければ「私ではないのに言いがかりをつけられた」「名誉棄損された」と騒がれる心配もあります。あなたの夫から「もし妻が乗り込んで来たらそう言え」という指示があると考えていいでしょう

 

離婚理由が浮気であれば、自分も浮気相手も慰謝料を請求される可能性があることを夫も学習しています。自分たちの身の上を守るために、浮気相手とは口裏合わせをしていると断言しても過言ではありません。

夫の友人や同僚に聞いても本当のことは教えません

夫と浮気相手に聞いてもダメなら、夫の友人や同僚に聞けば本当のことを教えてくれるかも・・という考えは捨てましょう。夫の友人や同僚は夫の味方です。あなたに本当のことを教えてくれる可能性が低いのは間違いありません。

友人の妻に浮気の事実は言いにくい

友人の妻に「あなたの夫はまだ浮気しています。浮気相手と結婚するつもりのようです」と言える人が果たしてどれくらい居るでしょうか。自分の発言によって友人の家庭を泥沼化させる勇気がある人はほとんどいないはずです。

 

実際には家庭の状況や不倫の事実を手に取るように知っていても、わざわざ言うことはしないでしょう。もしかしたら既に夫から「妻から聞かれても知らないふりをしてくれ」と頼まれているかもしれません。

 

友人や同僚が男性であれば尚更、夫の立場を自分の立場に置き換えて行動します。「妻に浮気が原因で離婚するのがバレて慰謝料を請求されるのがもし自分だったら・・」とわが身に置き換えてしまうでしょう。そんな恐ろしい目に自分が合うのは嫌だ、友人にもそんな思いはさせたくないと思えば、友人や同僚は真実を話すことはしません。

あなたが悪者になっている可能性もある

夫が友人や同僚に嘘八百を語っている場合、あなたが悪者として認識されている可能性があります。「妻の性格が悪い」「夫婦関係が崩壊している」「妻が男と遊びまくっている」と夫が友人や同僚に言っていれば、あなたに本当のことを教えたりしないでしょう。みんな、あなたが家庭を壊した張本人で、嘘をついているのは妻側だと思っているかもしれません。

 

「うちの夫、離婚したいと言ってきたのですが、浮気していますよね?」と聞いても、責任はあなたにあると思っていれば、事実は語りません。「いえ、あなたとのことで、ずっと悩んでいましたよ」「彼は単純にあなたと離婚したいだけでは?」と、つれない返事しかしてくれないでしょう。

夫は友人に頼んでアリバイ作りを頼むこともある

友人

夫の友人や同僚に浮気の件を問い詰めても教えない場合、すでにあなたの夫がアリバイ工作を依頼しているケースもあります。「○○と飲みに行く」「○○と泊りがけでスキーに行く」と頻繁に名前を出していた友人は、アリバイ作りに加担しているかもしれません。

 

友人も浮気しており、お互いにアリバイ作りのために協力していれば、あなたに真実を教えたりはしません。もし事実を教えた場合、自分の浮気も妻にバラされてしまう恐れもあります。浮気する既婚者は意外と多いものです。ギブアンドテイクの間柄であれば、友人の浮気をその妻に教えるなどは絶対にしないはずです。

 

また、単純に「友人の頼みだから協力した」というケースであっても、浮気の協力者だったことを知られるのは嫌なはずです。「もしかしたら自分にも慰謝料を請求されてしまうかも」と思えば、本当のことは言いません。「あなたとの関係に悩んで、僕の家で一晩中語り明かしました」「浮気していた女性とは別れていますよ。離婚するなら夫婦関係が問題なのでは?」と言って夫に味方するのも無理はないかもしれません。

夫と浮気相手に認めさせるには不貞の証拠を押さえるしかない!

夫と浮気相手に『浮気はまだ継続している』『浮気が原因であなたとの離婚を望んでいる』ことを認めさせるのは、確固たる証拠が必要です。夫や浮気相手、友人、同僚、夫の親族に聞いても無駄です。口裏合わせをしているに決まっていますし、逆にあなたが悪者に仕立てられている場合もあるからです。

不貞の証拠がなければ、まず浮気とは認められない

あなたは夫が浮気していた、そして浮気相手と結婚するために自分との離婚を夫が切り出していると思っています。しかし、あなたは法的にも認められる浮気の証拠『不貞の証拠』を押さえているでしょうか?

 

「キス写真の存在」「妻と別れて結婚したいと送ったメールがある」程度の証拠では、法的に浮気とは認められません。最悪の場合、夫にも浮気相手にも慰謝料請求ができないばかりか、離婚理由が浮気と認定されないこともあり得ます。

不貞の証拠とはなにか

『浮気相手とラブホテルを出入りする鮮明な写真や動画』『浮気相手の居住地に最低でも三回以上出入りしている鮮明な写真や動画』『浮気していたことを認める公的な署名入りの文章』が不貞の証拠と認められています。つまり、夫が自分の意思で他の女性と肉体関係を確実に持っていたという証拠のみが「不貞の証拠」になります。どんなに怪しくても、肉体関係の有無が証明されない限り、法的には浮気と認められません。

 

例えば、夫があなたの知らない避妊具や精力剤を持っていた、ラブホテルのポイントカードを所持していたという証拠を押さえていたとします。これらのものは限りなく肉体関係があったと予測できる証拠ですが、不貞の証拠にはなりません。「避妊具や精力剤はいつか妻と使うつもりだった」「ラブホのポイントカードは道路に落ちていたのを拾った」と言い逃れすれば、あなたは覆すことはできません。つまり、言い逃れできるものでは「不貞の証拠」にはならないことを、しっかりと覚えておきましょう。

夫と浮気相手に口裏合わせされる時は浮気調査を依頼しよう

a1eafa69645f7f2c14ed9ebab47eff76_s

夫や浮気相手、夫の友人らに口裏合わせをされて真実を知ることができない時は、迷わず探偵に浮気調査を依頼しましょう。探偵に依頼し、現在も浮気が継続中であることが分かれば、離婚理由は「浮気」「不貞行為」になります。一方的に離婚され、夫と浮気相手が再婚するのを黙って見過ごすのだけは避けたいもの。ここは、調査のプロである探偵に依頼して「不貞の証拠」を押さえてもらうべきです。

一緒に浮気相手の素行調査も頼もう

あなたと離婚して浮気相手との再婚を考えているのであれば、確実に二人の関係は続いています。「別れた」という夫の証言は嘘で、そしてあなたと離婚したい理由が浮気相手との結婚にあることを証明しなければなりません

 

再婚を考えるほど深い関係であれば、不貞の証拠は簡単に押さえることが出来るはずです。できれば、あなたと離婚したがっているのは浮気相手と再婚を考えているからだという証拠も欲しいところです。浮気相手の素行調査も一緒に行うと、彼女の普段の動向や言動が判明します。

 

素行調査で尾行、張り込み、聞き込み調査を行えば、友人らに「やっと彼(あなたの夫)と結婚できそう」と話していたという事実が分かるかもしれません。新居を探している様子や結婚式場の下見をしていた・・ということが判明すれば、離婚は浮気相手と再婚するためのものだということが分かります。黙って見過ごしたり、夫の言いなりになって離婚するのだけは絶対に避けてくださいね。

夫や浮気相手が口裏合わせをする時はプロである探偵に調査依頼で証拠をゲット!

浮気相手とはすでに別れている、でもお前とは離婚したいという夫の言葉を信じてはいけません。夫は確実に浮気相手と繋がっています。そして、彼女と結婚するためにあなたと離婚したがっているはずです。

 

夫や浮気相手、夫の友人や同僚に聞いても、本当のことは絶対に言いません。間違いなくみんなで口裏合わせやアリバイ作りをしています。どんなに問い詰めても教えてくれないばかりか、逆にあなたが「しつこい妻」として悪者扱いされたり、「名誉棄損だ」と言われてしまいかねません。

 

そんな時は調査のプロである探偵に「不貞の証拠」と「浮気相手の素行調査」を依頼して、しっかり調べ上げるのが一番です。黙ってこのまま別れてしまえば、あなたは夫を盗られるばかりか、一銭の慰謝料も受け取ることが出来なくなります。大勢に口裏合わせをされてしまえば、あなたはどうすることもできません。探偵にすべての証拠を押さえてもらい、夫と浮気相手の悪事を暴く必要があるでしょう。

 

 

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-浮気されたらどうする?

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.