浮気の証拠になりますか?

キスやツーショット写真は浮気の証拠になりますか?

更新日:

「浮気の証拠になる写真とならない写真の違いが知りたい!」

車のダッシュボードの中から、夫と女性がキスしている写真が出てきた!夫のスマホに、知らない女性との2ショット画像があった!・・シチュエーションは違えど、夫が他の女性と親し気な写真を撮っていたら「浮気してるかも・・」と不安な気持ちになりますね。

また、時には夫が浮気していることに気付き、尾行などをして2ショットをカメラで抑える奥様もいます。しかし、せっかく決定的な写真を抑えても、浮気の証拠になるものと、ならないものがあるようです。どんな写真が浮気の証拠になるのか、またはならないのか。予め知っておくと後々役に立つはずです。

浮気相手と夫が一緒にいる写真は浮気の証拠になりますか?

浮気

いくら親密そうに、ただならぬ仲に見えるような写真でも、浮気の証拠になるものとならないものがあるようです。実は法的にも立証される浮気の証拠というのは「肉体関係があったことが推測できる状況」のみを指します。

強い浮気の証拠は不貞の証拠と呼ばれるものだけ

この証拠を『不貞の証拠』といい、慰謝料請求時や離婚裁判などに発展した際も有利に働く証拠として採用されます。しかし、怪しいと思った写真であっても、写り具合や状況などによっては「不貞の証拠」としては活用できません。限りなくグレーであっても、状況的に肉体関係があったと推測できるもの以外は、浮気の証拠にはならないようです。

では、どんなシチュエーションの写真であれば浮気の証拠になるのでしょうか。ケースごとに考えていきたいと思います。

夫と浮気相手がキスしている写真

夫が若い女性と写したチュープリを発見したとします。キスしているんですから、絶対これはクロ!と思いがちですが、浮気の証拠にはなりません。

夫に発見したチュープリを見せても、「酔ってノリで写したけど、それ以上の関係はない」「飲み屋の女の子と写しただけ」と言って言い逃れをするでしょう。プリクラ画像で性行為を撮影する人はいませんから、肉体関係があったとはチュープリだけでは言えないのが現状です。

デートスポットでの2ショット写真は?

仲睦まじく見えるカップルの、デートスポットでの2ショット写真。でも、写真に写っている男性が自分の夫だったとしたら、身の毛がよだつほど恐ろしいですよね。女性とデートスポットで2ショット写真を写していたとしたら、これは間違いなく浮気と考えられるのではないでしょうか。

しかし、これも残念ながら写真だけで、肉体関係があったとは断言できる状況ではありません。何らかの理由で二人でデートスポットに行ったことは認められますが、いくらでも言い逃れできます。

例えば「数名で遊びに行き、たまたまこの娘と2ショットで写真を撮っただけ」「本当に浮気してたら、こんな写真撮らないだろう」等と言う可能性もありますね。実際にどうだったのかは過去のことなので確認しようもありません。この場合もクロである可能性が高かったとしても、浮気の証拠にはならないと言えるでしょう。

相手の家に入る写真は?

夫の浮気を疑い、尾行などをして浮気相手の家を突き止め、夫が出入りする瞬間を写真に収めたとします。この場合は、確実に浮気の証拠と言えるのではないでしょうか?

女性の家へ出入りする写真や動画は、浮気の証拠として認められることが多いのは確かです。しかし、1度だけ、1日だけでは「体調の悪い女性を家まで送り届けた」「家族(仕事)のことで相談を受けていた」等と言い逃れできるため、複数回、数日分の証拠写真が必要になります。

一般的には最低でも3回以上出入りする写真や動画でなければ「肉体関係があった」とは認められません。また、滞在時間なども何分あったのか、明確な証拠が必要です。1回だけ浮気相手の家に入る写真が撮れても、浮気の証拠としては採用されないようです。

夫の車が停めてあったりしてもダメ?

女性宅の前に夫の車が停まっていたら、これは家の中にいるということで間違いないと考えられますよね。しかし、女性宅の前に車が停まっていたとしても、肉体関係の有無は確認できないので、証拠にはなりません。

多分、夫に問い詰めても「友人に車を貸した」「女性に車を貸した」または「近くに用事があったので、お願いして駐車させてもらっただけ」等の言い訳をするはずです。

車自体は他人にも貸すことが出来ます。ですから、女性宅の前に車が停めてあったとしても、夫が中にいたかどうかは確認しようがありません。この場合も浮気の証拠としては弱いものになるでしょう。

自宅に入る写真は?

あなたと夫の愛の巣である自宅に女性を招く、または単身赴任先のマンションに女性を連れ込んでいる写真は浮気の証拠になると考えられます。ただし、これも1度きりの写真では強い浮気の証拠である「不貞の証拠」にはなりません。浮気相手の家と同様、最低でも3回以上、出来れば5回(5日)の出入り写真が有効になります。

こんなケースは、様々な言い訳が考えられます。「借りていたものを返すために家に呼んだ」「少し体調が悪いので自宅で休んだ」。酷い時だと、「浮気相手を家に呼ぶわけないだろう!」と逆ギレするケースもあるようです。

あなたが帰宅し、二人が関係を持っているのを見てしまった!という場合は別です。しかし夫が女性を家に招き入れている写真でも、1日だけ、1度だけでは浮気の証拠とは認められないのが現実といえるでしょう。

顔が映っていない行為中の写真は?

信じられないような刺激的な写真を見つけ、顔が映っていないものの、それが自分の夫であることが分かったら・・。これは間違いなく肉体関係があったと断言できる写真ではないでしょうか?他の人は分からなくても、体形や特徴などで、行為中の写真が夫であるのは、妻であれば分かりますよね。

こんな写真も、残念ながら顔が映っていないものであれば、確認することができないため証拠としては弱いと言えます。何より顔が撮影されていなければ、浮気相手が誰なのかも確認できないですよね。また、夫が「これは自分ではない!」という可能性も捨てきれません。まさか裁判所で夫を裸にして裁判官に確認させるわけにもいきませんから、立証は難しいと考えられます。

ラブホへの写真は1度きりでも十分ですか?

デートスポットや家などへは、行く目的は何とでも言いようがあります。ですが、ラブホテルに入る目的はひとつと考えられるのが普通です。ラブホは肉体関係を持つために行く場所という認識があります。ですからラブホへの出入り写真は1度きりだったとしても「不貞関係」にあったことは認められます。

ただ、1度きりの関係というよりは、複数回関係があったことが立証されれば、よりあなたを裏切った、婚姻関係を破たんさせたことが強く印象付けられます。慰謝料請求時の裁判などに発展した際などは特にそうです。1度きりのラブホへの出入りよりは複数回行ったことが認められれば、請求額そのものにも違いが生じてくるはずです。

結論からいえば、1度きりの出入り写真でも「不貞の証拠」といえますが、出来れば複数回の証拠写真があるほうが、より強い証拠になるといえそうです

浮気の証拠写真は自分で撮れるが難しい

浮気

浮気相手の家への出入り写真やラブホへの出入り写真があれば、「不貞行為」があったと認められる浮気の証拠になることが分かりました。つまり、いつ夫が浮気相手と会うのが分かっているのであれば、尾行して自分で証拠を掴むということも不可能ではないわけです。「探偵に浮気調査を頼んだらお金も掛かるし、自分でやっちゃおう!」そう考える奥様も、やはり中にはいるようです。

しかし、浮気相手の家やラブホへの出入り写真も「なんでもいい」という訳ではありません。一定の条件を満たしていなければ、「不貞の証拠」とは認められないことも多くあります。また、素人であるあなたが、夫を尾行して写真を撮影するというのは、かなりハードルが高いというのは間違いありません。

では、裁判でも証拠として採用される「浮気の証拠」を抑えるために、どんなことに注意して撮影すべきなのか?自分で本当に出来るのかどうかについて確認しておきましょう。

二人に気づかれないように撮る

あなたが何らかの情報を得て、「今日、夫が浮気相手と会う」ということが分かれば、夫の会社の近くで張り込みをするでしょう。また、どこのラブホテルへ行くのか、女性宅がどこなのかが判明しているのであれば、直接現場まで行くかもしれませんね。

どちらにせよ、運よく夫と浮気相手が一緒にいるところを見つけても、気づかれずにその場に留まることが出来るでしょうか?長年連れ添った夫が、たとえ変装していたとしても、あなたに気が付かない可能性は低いと考えられます。様子も怪しげでしょうし、雑踏の中でもあなたの姿は目立ってしまうことが考えられますよね。

不貞の証拠はターゲット(夫や浮気相手)が鮮明に撮影されていなければ、採用されません。あなたに気が付いた夫が慌てて走ったりした場合などは、写真がブレてしまい「不貞の証拠」にはならない可能性も考えられます

二人の顔がハッキリと分かるように撮る

法的にも有効な浮気の証拠は、二人の顔がハッキリと撮影され、「これは俺じゃない」「私ではありません」と言い逃れできない物が絶対条件になります。ですから、少しでもボケていたり、ブレてしまえば証拠としては認められません。また、車で出入りしていた場合は、走り去る車の車内の写真を撮影することになります。動いている車の中にいる人の顔を鮮明に撮るのは、至難の業といえるでしょう。

あなたは夫に顔がバレています。ですから、目立つところに立つわけにはいきません。物陰に隠れながら、夫と浮気相手を撮影することになるでしょう。身を隠しながら、顔が判別できるような鮮明な写真を撮るのは、プロのカメラマンでもなければ難しい芸当です。

暗闇で撮影する

夫が浮気するのは、休日の昼間ではなく、平日の深夜や仕事帰りが圧倒的に多いとされています。ですから、夫の浮気現場を撮影するとなれば、暗くなってからの撮影が必須条件といえるでしょう。暗闇で人の顔の判別も難しい中、あなたは鮮明な写真を撮影せねばなりません。

フラッシュを焚けば、撮影されたことが夫にばれてしまいます。また、光が反射して顔がちゃんと映らないことも考えられます。想像以上に暗闇での撮影は困難です。探偵が持つような特殊な赤外線カメラなどがなければ、まず失敗が予想されるでしょう。

複数回撮る

浮気相手への家へは最低でも3回以上できれば5回程度、またラブホへの出入りも2回程度の証拠写真があれば「婚姻関係を破たんさせるにふさわしい確実な不貞行為」と証明されます。あなたは、そう何度も変装をして、夜の街に出向き、じっと隠れて夫の浮気現場で待つという行為に耐えられるでしょうか?

証拠写真を抑えるというのは、冷静でなければいけません。心が乱れたり、慌ててしまえば、それが写真に反映されてしまいます。何度も尾行しても、鮮明な顔が分かるような写真でなければ証拠とみなされません。数日間、下手をしたら数十日間も変装して尾行し、そのたびにカメラを取り出して撮影するという行為が本当に出来るのでしょうか

自分で証拠を抑えたい!といって実行する女性も少なからずは存在します。ですが、そのほとんどが失敗したり、夫に気づかれたり、精神的に疲弊してしまうケースが多いと考えられます。自分で不貞の証拠、浮気の証拠を確実に抑える!というのは、想像以上に難しいといえそうです。

家やラブホへの出入り写真は複数枚撮れば浮気の証拠になる!でも自分で撮影するにはかなり困難

キスやデートスポットなどでの2ショット写真、または行為中の写真であっても顔が映っていなければ「浮気の証拠」とは認められないことが分かりました。肉体関係があった浮気と認められるのは、ラブホへ出入りしている鮮明な写真、または最低でも3回以上浮気相手の家や自宅に出入りしている鮮明なものだけです。顔がハッキリと認識できるものである必要があるため、素人が写すにはかなり困難なことが予想されます。

自分で証拠を抑えたい!と尾行して、夫の浮気現場を撮影しようとする女性もいます。ですが、そのほとんどが夫にバレたり、撮影したはいいけれどボケていたり、暗闇で写したため真っ暗だったという事例が発生します。また、複数回、深夜に尾行するという行為は精神的に大きなダメージを受けます。夫が女性と関係を持ちにいくために出歩く姿を冷静に見ることは、非常に難しいものです。

浮気している様子があれば、探偵に浮気調査を依頼し、確実な不貞の証拠を抑えてもらう方が得策です。デートする日が分かるのであれば、ピンポイントで浮気調査をするので費用も抑えることが出来るでしょう。また、夫は探偵の顔を知りませんし、訓練を受けた探偵は冷静に、特殊な機器で的確に証拠写真を抑えます。いたずらに自分で証拠を掴むことに固執せず、プロへ調査依頼する方が適切といえるのではないでしょうか。

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-浮気の証拠になりますか?

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.