浮気の証拠の集めたい

証拠が足りない!訴えるために十分な証拠をそろえるには?

更新日:

【浮気の証拠を突きつけて訴えるには何が必要?】

「浮気の証拠を突きつけて離婚したい!そして慰謝料請求をしたい!」だけど、メールや写真だけでは浮気の証拠にならない、慰謝料を支払ってもらえないという話も聞きます。「愛してる」というメール交換やキス写真があれば間違いなく法的に有効な証拠になると思っていたのに・・と後悔だけはしたくないですよね。

 

いったい何が浮気の証拠になるのか、裁判でも使える証拠になるのかが分からなければ、せっかく「証拠集め」をしても無駄になってしまうことも多いようです。裁判でも使える証拠を揃えるにはどうしたらいいのか。証拠が足りない時はどうしたら良いのかを考えていきたいと思います。

【浮気の定義は肉体関係の有無が絶対条件!】

浮気

そもそも、法的に「浮気」と認められるものは何なのかをまず最初に知っておかねばなりません。妻にしてみれば「自分以外の女性と食事へ行った」「恋愛感情を持ってメール交換やラインをしている」「車のダッシュボードに女性とキスしている写真が隠してあった」「残業と嘘をついて女性に会っている」これらすべての行動が「浮気」だと考え、離婚裁判や慰謝料請求ができると思ってはいないでしょうか?

 

実は上記の夫の行動はすべて法的には「浮気」とは認められていません。浮気として認められるのは、夫が自らの意思で他の異性と「肉体関係」を持ったことに絞られます。いくら親密なメールを交わしていても、どんなに濃厚なキス写真が残されていたとしても、そこに肉体関係があったことが証明されなければ浮気としては認められません。「こんなキスしていたら間違いなく関係を持っていたはず!」とあなたが主張しても、「キスしかしていません」と夫が言えば、どうしようもありません。

法的に有効な浮気の証拠を『不貞の証拠』という

裁判や慰謝料請求にも使える浮気の証拠を「不貞の証拠」といいます。民法752条には「夫婦の同居義務」「夫婦の扶助義務」が制定されています。この中には「夫婦は貞操の義務がある」という事項があり、他の異性と自由な意思で性行為をしてはいけないと定められています

 

この条項に違反することを「不貞行為」と呼び、不貞の証拠つまり肉体関係があったであろう証拠を「不貞の証拠」といいます。裁判で証拠として認められるのは「不貞の証拠」のみで、どんなに夫が相手の女性に恋愛感情を持っていたとしても、それは浮気としては認められないのが現状です。

 

例えば「愛している、あいつと別れて離婚したい」と浮気相手にメールしていたとしても、法的には不貞行為ではありません。夫がこっそりコンドームを持ち歩いていたとしても、「お守りにして持っていただけ」「友人にもらった」と言い逃れしたら、どうすることもできないというのを覚えておきましょう。

浮気の証拠がなくても夫や相手が浮気を認めたら証拠になる!

メールやキス写真だけでは浮気の証拠、不貞の証拠にならないと前述しました。ですが、これらの証拠を突きつけて夫や浮気相手が「肉体関係がありました」と認めた場合は、立派な浮気の証拠になります。つまり、有利な離婚や慰謝料請求も可能になります。ただし、正式な証拠として成立させるためには「公的な文章」として残しておく必要があるので注意しましょう。

 

あなたが夫や浮気相手に「肉体関係があったでしょ!」と問い詰め、相手側も認めた場合は発言を録画し、公的な文章を交わさねばなりません。後で「そんなことは言っていない」と発言を覆す可能性があるからです。「言った」「言わない」の水掛け論になってしまえば、どうすることもできないので先手を打つことが大切ですね。

浮気相手や夫と裁判になっても十分な証拠=不貞の証拠とはどんなもの?

浮気法的に認められる、裁判になっても認められる浮気の証拠を「不貞の証拠」と呼ぶのは先ほど説明いたしました。でも、肉体関係があったと認められる証拠っていったいどんなものなのでしょうか。まさか情事の瞬間を盗撮するわけにもいきません。何をもってして「不貞の証拠」になるのかを確認しておきましょう。

示談書などの公的な文章

浮気相手や夫にメールの内容やキス写真などを提示し不貞行為(肉体関係)を認めた場合は示談書などを作成し、浮気があったことを公的に認める物を残しておきましょう。時には観念して「不貞の証拠」がなくても浮気を認めるケースもあります。「浮気しました」または「関係を持ったので慰謝料の支払をします」と認めたら速やかに示談書を作成し、口約束だけに留めないようにする必要があります。

 

示談書を作成したら公証役場に赴き、公正証書にしておくと後々便利です。特に金銭面の支払も示談書に含まれる場合、公正証書を作成した時点で金銭の支払い裁判を行ったと同等の効力を発揮します。後から「妻に強要されたから浮気を認めた」「本当は肉体関係を持っていなかったので慰謝料は支払わない」等と発言の撤回しても、スムーズな執行が行われます。示談書を作成、公証役場に持ち込んで公正証書にしておくことが大切ですね。

  • 浮気を認めた発言や示談を交わす際はビデオ撮影をしておく

夫や浮気相手が浮気を認め、示談書を作成する際は、できればビデオ撮影もしくは音声録音で証拠を押さえておくと完璧です。後から無理やりあなたに強要されて書かされた・・などと言う発言をさせない、強要がなかったことを証明するためにも画像や音声の証拠が欲しいところです。

ラブホテルへ出入りしている鮮明な画像や動画

肉体関係があった証拠が欲しいとはいえ、情事の瞬間を盗撮するわけにはいきません。では、肉体関係があったであろう証拠とはどんなものを指すのでしょうか。

 

最も「肉体関係があったであろうと推測できる」場所は、ラブホテルです。ラブホテルは性行為を行う場所という認識があります。そこへ浮気相手と出入りしていた事実が判明すれば、客観的に肉体関係があったであろうと認められます。肉体関係の瞬間を画像や動画で残せなくても、ラブホテルへ出入りしている画像や動画があれば「不貞の証拠」になります。

浮気相手の居住地に最低でも3回以上出入りしている鮮明な画像や動画

基本的に性行為をする場所は密室に限られます。妻帯者であるあなたの夫が浮気相手と行為に及ぶ場所として考えられるのは、ラブホテルなどの宿泊施設か浮気相手の自宅になると考えられます。実際、浮気する場所はいつも浮気相手の家だという男性も多いので、不貞の証拠を押さえるには絶好のポイントです。ただし、1~2度の訪問では不貞行為があったとは認められません。最低でも3回、出来れば5回程度出入りする証拠画像か動画が必要です。

  • なぜ複数回出入りしている証拠が必要なのか

自宅というのはラブホテルと異なり、「肉体関係」だけをする場所ではありません。飲食をしたり、睡眠をとる生活空間ですし、または友人を招きいれる時もあるでしょう。家に男性を入れたからと言って、即肉体関係があったとは認めにくいのが現実問題です。

 

例えば、「悩み事があり、他人に聞かれたくなかったので自宅で相談していた」と浮気相手が言えば、不貞行為は認められません。また、あなたの夫が「家に送ってあげたのでお礼として少しお茶を飲んで雑談しただけ」といえば浮気にはならないでしょう。つまり、1、2回浮気相手と思われる女性宅へ出入りしても特別な関係があったとは認められず、婚姻関係が破綻すべき事柄になりません。限りなく怪しいとはいえ、不貞行為を認めるためには、やはり最低でも3回以上訪問している証拠の写真や動画が必要となってきます。

浮気の証拠が足りない時は状況証拠をまとめて探偵に相談!

証拠

ラブホテルや浮気相手の自宅に出入りする写真や動画を鮮明に撮影するなんてできない。しかも、不貞の証拠もないのに夫や浮気相手が浮気を認め、示談書を書いてくれるのか・・。

 

あなたが考える通り、不貞の証拠と認められる画像や動画を素人が押さえるのは非常に困難ですし、不貞の証拠もなく夫や浮気相手が肉体関係を認めるのは現実的ではありません。100%出来ない、あり得ないとは言いませんが、不貞の証拠はどんな場面でも必要になってきます。特に裁判に発展した時は、やはり不貞の証拠の有無によっては、あなたが納得できる結果にならない可能性が高いかもしれません。

実況証拠をまとめてみよう

まず、あなたが「夫が浮気している!」という考えに至った状況を考えてみましょう。多分、そこに至るまでに何らかの怪しい状況や証拠をあなたは見つけているはずです。また怪しい様子があるのであれば、どこかで浮気の兆候を探してみましょう。それらをまとめて探偵に提出したら、浮気調査は早く、低料金で済ませることが出来ます。不貞の証拠を探偵に押さえてもらうための実況証拠をまとめておくと、簡単に不貞の証拠が得られます

 

  • メールやライン

もっとも妻が夫の浮気を発見できるアイテムとして有名なのが、メールやラインです。「愛している」「また今度遊びに行こう」などのメッセージのやり取りがあれば、証拠として残しておきます。あなたのスマホに転送するか、スクリーンショットで証拠を保全しておくと良いかもしれません。

 

  • 写真

浮気相手と写した写真やプリクラが隠されていたら、それも立派な証拠になります。その場から持ち出せば、あなたが浮気に勘付いていることがバレるので、写真撮影だけに留めておきましょう。夫の車の中、あるいは趣味のゴルフバックや釣り道具などに隠されている可能性が高いはずです。また、スマホやパソコンの写真フォルダに残されていないか確認しておくと良いでしょう。

 

  • twitterやFacebook、スカイプ

SNS全盛期の現在、浮気相手とはtwitterやFacebookで繋がっている可能性もあります。メールやラインよりは浮気がバレにくいというのが理由のようです。また、スカイプは自身がログインしていない限り相手からの着信が来ないので、浮気するには便利なアイテムとして知られています。夫のtwitterやFacebook、スカイプのIDを調べてみてはいかがでしょう。特にFacebookは匿名性が低いので、相手の特定がしやすいかもしれません。

 

  • 車の中やカバンの中

密室空間である車内や毎日持ち歩くカバンには、夫の秘密がたくさん隠されています。車のシートにあなたとは違う長い髪の毛が落ちていた、口紅がついたタバコの吸い殻があったなんてことで浮気に気が付く人も多いのではないでしょうか。また、夫のカバンの中に怪しげな精力剤があった、避妊具を持ち歩いていたということもあるので注意してください。

 

普段から車を移動手段として夫が使っているのであれば、ボイスレコーダーを車内に仕込めば音声録音ができます。浮気相手に電話したり、乗せることもあるかもしれません。また、カーナビの履歴、ゴミ箱の中に夫が買わないようなレシートが残されていないか等も確認すると良いでしょう。

証拠が足りない、つかみたい時は探偵に「不貞の証拠」を押さえてもらおう

どんなに怪しげな様子や状況証拠があっても、それだけで離婚や慰謝料請求裁判に有効な証拠にはなりません。小さな証拠や状況証拠だけでは、裁判所で「婚姻関係を破たんさせるにふさわしい不貞行為」とは認めてくれません。

 

でも、有利な立場で離婚したい、浮気相手に慰謝料請求をしたい!そう考えるのであれば、やはり探偵に言い逃れのできない不貞の証拠をつかんでもらうのが最適と考えられます。プロの調査員は「自分ではない!」と言い逃れできないほど鮮明な画像や動画を撮影します。また、滞在時間を計測したり、浮気相手の素性もしっかりと調べ上げます。浮気相手の氏名や住所が分からなければ、慰謝料請求や裁判を起こすのは不可能です。やはり探偵の力を借りるのが最も早く、確実な手段といえるでしょう。

 

あなたは小さな状況証拠をかき集め、探偵が短期間にスムーズに調査できる下地を整えておきましょう。早い調査が可能であれば、その分調査費用も格段に安く抑えることが出来ます。証拠が足りないと悩むより、証拠を有効活用して大きな証拠をつかむことを考えたいですね。

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-浮気の証拠の集めたい

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.