浮気相手の職場に不倫をばらしたい - 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~

夫・浮気相手にできる制裁

浮気相手の職場に不倫をばらしたい

更新日:

「慰謝料請求より制裁をしたい!職場に不倫をばらす方法はあるの?」

夫の浮気が判明した場合、普通は浮気相手に慰謝料請求などをするのが一般的です。でも、そんなものを貰うよりも、「社会的制裁を与えたい!」「相手の職場にばらしたい!」と考える人も時はいるようです。

特に夫が浮気相手と同じ職場だったら、毎日顔を合わせていると思うのも辛いですよね。復讐目的で浮気相手の職場に不倫をばらしても大丈夫なのでしょうか?

不倫がばれたら浮気相手にダメージを与えられますか?

身もふたもないことになってしまいますが、不倫がばれることによって浮気相手がダメージを受けるのかは会社によります。

というのは浮気が職場にばれたとしても業務上に関係ないことであれば、会社から罰則を受けるわけではないからです。

しかし、浮気というのは一般的にはモラル違反です。なのでいい顔をしない人が多いでしょうし、会社によっては浮気をしたことによって一生昇進ができなくなり、退職を余儀なくされる場合もあります。

不倫関係が職場に知られることで異動になったり閑職へ飛ばされるということもあります。社会的信用を無くさせるという意味では職場にばらすことはダメージになるでしょう。

ただし、職場に不倫をばらすことで職場で肩身の狭い思いをさせることができるかもしれませんが、必ずというわけではありません。

→「浮気相手の職場・勤務先を特定するとできること

復讐目的で浮気相手の職場に不倫をばらすのは違法

密告

慰謝料なんかを貰うより、浮気相手に痛い目を見せたい、不倫する酷い女だと知らしめたい。社会的信用をぶち壊してやりたい。

あなたの大切なご主人を奪った人が、平気な顔で仕事をしているなんて許せないと思うのではないでしょうか。

ですが、腹いせ目的で浮気を職場にばらした場合、浮気相手以上にあなたがダメージを食らう危険性があります。

たとえあなたの夫と不倫していたのが事実だとしても、相手に対する誹謗中傷でしかありません。

慰謝料請求や訴訟で不利になる

あなたが浮気相手の職場に不倫をばらした場合、適正な金額の慰謝料の支払いを受けるのが難しくなります。

夫と不貞行為を行った相手に対して、慰謝料請求をしたとします。でも、相手も「私だって職場に浮気をばらされて被害を被った」という主張をした場合、あなたにも非が発生することになるでしょう。

職場に浮気をばらさずにいれば、「私がすべて悪いので支払います」と同意していたかもしれません。しかし、相手も被害を受けた以上、すんなりと慰謝料の支払いに同意してもらえないことがあります。

また、浮気相手が逆上して示談を拒否し、訴訟に発展するケースもあり得ます。また、訴訟になった場合は、あなたのした行動に関しても追及されることになるでしょう。

訴えられる危険性がある

肉体関係があったと考えられる『不貞行為』『不倫』は、公序良俗には反するものの、刑事事件で処罰されるような犯罪ではありません。

しかし、あなたが浮気相手の職場に不倫をばらした場合、『プライバシーの侵害』『名誉棄損』に抵触することになります。

「事実なのだから名誉棄損にはならないのでは?」と思うかもしれません。ですが、内容が事実だったとしても、公言した場合は立派な名誉棄損になります。名誉棄損罪は損害賠償が発生する不法行為、または刑事罰に該当することもある犯罪です。

浮気されたあなたが被害者だったはずなのに、職場に不倫をばらしたばかりに、逆に訴えられる可能性があります。

許せない!と思う気持ちは分かりますが、復讐目的で職場に浮気をばらすのは止めましょう。

→「浮気相手への仕返しはどこまでが合法的ですか?ばらしても大丈夫?

勤務時間中に浮気をしていたとしたら会社に伝えても大丈夫?

例えば同じ会社で上司と部下の関係だった、勤務時間中にラブホテルに出入りしていたということであれば、職場にとっても大問題ですよね。また、夫の会社に業務上出入りしていたのが不倫相手だったという場合も同様です。

この場合は会社に伝えても大丈夫でしょう。

ただし、浮気問題というのはあなたと夫、浮気相手3人の極めて個人的なトラブルで、基本的に会社は浮気問題に関りたくないと思っています。

会社は必ずしもあなたの味方というわけではありません。

それに、会社に「あの二人は浮気している」と伝えたところで会社に被害しかない場合はもみ消した方が会社からしてみると損が出ないですよね。

そういった場合には対応をしてもらえなかったり、注意で終わることがあります。

浮気相手の職場に浮気を知らせる方法は?

悩み

このように、浮気相手の職場に乗り込んで「コイツが私の夫と不倫している!」とばらした場合、あなたが加害者になってしまう可能性が出てきます。

浮気相手が憎たらしいという気持ちはわかりますが、あなたが犯罪者になる必要はどこにもありません。むしろ夫とあなたの仲が悪くなることは、浮気相手の思うつぼではないでしょうか?

犯罪を犯さずに職場に浮気をしていることを知らせる方法があります。

というよりも「この人、何かトラブルを起こしたのでは?」「もしかしたら浮気しているのでは?」と思わせる方法ですね。それは、内容証明を職場に郵送することです。

内容証明とは

内容証明は「あなたに慰謝料請求をするので払ってください」という書類のことです。

自分でも雛形などを参考に作成することができますが、弁護士や行政書士に依頼して作成してもらうことが多いです。

内容証明が使われる場面はいろいろありますが、多くの場合、「不倫」の慰謝料請求に使われます。

なので、内容証明の中身を見なくても、内容証明の用途を少し調べたら「浮気の慰謝料請求をされている」ということは周りにも明らかになるでしょう。

旦那さんと同じ職場なら、内容証明の送り主が上司の妻だったら…大人だったら誰でも「浮気」だとピンとくるのではないでしょうか。

内容証明は職場に送って大丈夫なの?

普通は相手の自宅に送りますが、自宅の住所が不明な場合、自宅への郵送を拒否された場合は職場へ郵送することになります。

この行為は法的に認められているので、職場へ郵送しても大丈夫です。

職場へ内容証明が届くというのは、普通の状態ではあまり考えられません。何がしかのトラブルが発生しているのは、開封して見なくても一目瞭然でしょう。

あなたの名義で浮気相手に内容証明を出したら浮気だと知られることになるでしょう。

はっきり『浮気』ということが知れるわけではありませんが、トラブルを起こしている状態は職場にも伝わると考えることができるでしょう。

→「浮気相手の職場・勤務先を特定するとできること

浮気相手の職場に内容証明を送る際の注意点は?

浮気相手の職場に慰謝料請求などの内容証明を郵送すること自体は、法に触れないという事がわかりました。

ですが、しっかりと注意点を守らないと、名誉棄損やプライバシー侵害を訴えられるケースも発生するので注意が必要です。

自宅への郵送を断られ、仕方なく職場へ郵送する状況であること

内容証明を郵送する場合、普通であれば自宅に送ることが好ましいです。

しかし、相手が既婚者で「夫にばれたくない」、「両親と住んでいるので自宅には送らないで」・・と言われているようなケースは職場へ郵送しても問題はないでしょう。

このような時は、相手が望んでいることであり、決してあなたが嫌がらせで職場に送っているのではないという建前ができるわけです。

できるだけ、職場へ郵送する状況を作るといいでしょう。

職場の人に開けられないようにすること

「誰かに開けられて噂になればいいのよ」と言う気持ちで、宛名は会社名だけ、親展扱いにせずに郵送した場合は、やはりあなたが悪くなってしまいます。

内容証明を発送する際、必ず宛名は個人名、しかも『親展』扱いで郵送するようにしましょう。これを怠って、社内の誰かが間違って封を開けて浮気がバレた場合、あなたの責任が問われることがあります。

配慮のない郵送方法で、浮気相手のプライバシーを侵害、名誉棄損をしたと考えられるからです。しかし、「○○社△△様 親展」で郵送すれば、あなたの非は問われません。開封した人に責任が発生します。

浮気の証拠を確保してから

あなたが「夫の浮気相手はこの人で間違いない」と思い、職場に内容証明を送ったとしましょう。ですが、浮気相手から何も対応がないということもあります。

慰謝料請求の際に重要なのは、夫と浮気相手の間に明確な「肉体関係」があったと認められる『不貞の証拠』が好ましいです。

証拠もなく職場へ内容証明を発送した場合、嘘をついたとして浮気相手に訴えられることになることを覚悟しておきましょう。

ラブラブなメールやLINEのスクリーンショットや、キスをしている写真などでは不貞の証拠とは認められません。もし、あなたが持っている証拠がこの程度のものであれば、職場へ内容証明を送るよりも証拠集めに専念した方がいいでしょう。

ほとんどの場合、不貞の証拠は探偵に浮気調査を依頼すると入手できます。不貞の証拠があれば、相手も逃げることは出来ませんし、例え内容証明を発送したにも関わらず何も対応がない場合、訴訟に移ることができます。

→「浮気相手に慰謝料請求をする手順とそのやり方

→「浮気相手に慰謝料請求をしたいけれど、証拠がない時は?

証拠があれば、浮気相手と引き離すためにも使える

女性

夫の会社の立場が悪くせずになんとかしたいという方は会社へばらすことはやめたほうがいいでしょう。

慰謝料請求は浮気相手との交渉に役立ちます。夫とやり直す場合、浮気を会社に知らせたら夫も肩身の狭い思いをすることになります。

浮気相手に慰謝料請求の代わりに退職、異動をお願いしたら受け入れてもらえることもあります

→「探偵に浮気調査を頼めば浮気相手と別れさせて再構築できる?

→「同じ職場の浮気相手に退職、異動、転職してほしい

→「近所に住んでいる浮気相手に引っ越しをさせるためには?

職場に内容証明の郵送はできるけど、直接ばらすことはやめよう

相手を憎むあまり、慰謝料よりも制裁を・・と考えて職場にあなたの夫との浮気をばらしたい衝動に駆られるお気持ちは理解できます。

でも、何も考えずに会社へばらしてしまうと逆にあなたが加害者になります。プライバシーの侵害や名誉棄損などで、賠償責任を負う危険性もあるのです。

もちろん、そうなると適正金額の慰謝料の請求も難しくなります。

浮気相手の社会的な制裁では、あなたに得るものは何もありません。しかも悪者はあなたになってしまいます。多少、あなたの気は晴れるかもしれませんが、最終的には虚しい思いをしてしまうことになります。

職場へ内容証明の郵送はできますが、その前には必ず不貞の証拠を得ておくということが重要です。

まず、不貞の証拠を得てから、内容証明などの郵送をしてください。決して浮気相手を誹謗中傷するような電話を職場などにかけたり、直接乗り込むといった方法で職場にばらすことはやめましょう。

どうしても浮気相手に仕返しをしたい、相手をぎゃふんと言わせたいと考えているなら、こちらのコラムを読んでみてくださいね。

→「浮気相手への仕返しはどこまでが合法的ですか?ばらしても大丈夫?

浮気の解決方法がわからない時は?

「浮気相手がだれかわからない」、「浮気相手がどこに住んでいるのか知りたい」、「浮気を確かめたい」、「浮気相手へ仕返しをしたい」、「浮気相手へ慰謝料請求したい」

当サイト「浮気調査の教科書」にはこういった方がよく来てくれますが、あなたは浮気の証拠をお持ちでしょうか?

いくら浮気だとわかっていてもLINEやメールでのやり取りだけでは証拠としては不十分ですし、アカウントやアドレスがわかるだけでは浮気相手に逃げられてしまいます。

浮気相手を突き止め、浮気の証拠を確保しなくては浮気相手からパートナーを取り戻すことも、浮気相手にウサ晴らしすることもままなりません。

自分でどうにもできない時は探偵という専門家を使って浮気を解決するための準備を整えましょう。

浮気調査をすることで、浮気をしているかどうか、浮気相手の素性や住所といったことについてわかるだけでなく、法的に証拠能力のある浮気の証拠を手に入れることができます。

そして、調査結果を使って示談をすることで浮気相手と別れさせることも、浮気相手に痛い思いをさせることも容易になってきます。

当サイトでは全国4000社以上の探偵社をまとめてきました。その中でも全国に拠点があり、「価格」「調査力」「信用」といった面で管理人が自信をもっておすすめできる探偵社を厳選して紹介しています。

どの探偵もあなたの秘密は守ってくれるのでばれる心配はなく、良心的な価格で調査をすることができます。

実際に当サイトで口コミや評判も募集した結果、「この探偵社を選んだ理由は浮気調査を経験した友人がよかったと紹介してくれたから」という意見が3割を超える、信頼の厚い探偵事務所です。

今相談して楽になるのか、いつまでもネットを見て悩み続けるかはあなた次第ですよ。

浮気調査に強い!浮気の証拠を抑えるなら 「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気調査におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績43年、解決実績10万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所では必ず20年以上勤めているベテランが調査のリーダーを務めます。

経験豊富な調査員が指揮をとるので、予期せぬ事態が生じた場合も臨機応変に対応しトラブルを回避することができ、調査の成功率には定評があります。

高性能な調査機材と調査車両を取り揃えているので、言い逃れのできない不貞の証拠を収集してくれます。

「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめの探偵社です。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料。全国に支店があり、支店のない地域でも出張費は無料なので、全国どなたでもご利用できます。

「浮気調査の教科書」限定!!調査料金が2万円お得になるクーポンを配布中!

原一探偵事務所の「実際に体験して調査の価値を知ってもらいたい」という思いから、当サイト経由でお問合せすることで調査時の基本料金4万円が半額でご利用できます。

TEL:0120-22-0268

※電話で「割引クーポンを見た」とお伝えください。

↓メールで無料相談はこちらから↓

後払いだから安心!調査費用を抑えるなら「HAL探偵社」

HAL探偵社

浮気調査の費用を抑えたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

調査料金は経費込みで探偵業界最安水準の調査員一人あたり6000円/1時間になっています。

HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

慰謝料請求の見積もり計算はこちら

 

HAL探偵社は調査料金が安く、全国に支店があります。初めての浮気調査で費用が気になっている人におすすめです。

※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

初めての浮気調査も簡単に!「探偵探しのタントくん」

探偵さがしのタントくん

浮気調査の探偵選びに悩んでいる人におすすめなのが「探偵探しのタントくん」です。

探偵探しのタントくんは全国の探偵社からあなたの地域の探偵を紹介する一括見積もりサービスです。

提携している探偵社は調査員15名在籍、調査方法や見積もりに関する説明を徹底している、年間実績500件以上といった、安全で実績のある探偵社だけになります。

相談員に相談するだけで探偵を探してくれるので、直接探偵に相談しずらい人にも使える、簡単便利なサービスです。

「探偵の選び方が分からない」「どこが一番安い探偵なの?」「複数社から見積もりを取りたい」と考えている人に最適なサービスです。

↓電話で問い合わせをしたい方はこちらをタップ↓

0120-524-028

↓匿名相談を無料でやってます↓

浮気を解決するヒントになるかも

1

【証拠もなく問い詰めても白状してくれますか?】 なんとくだけど行動が怪しげだし、急に残業や休日出勤、 ...

2

「浮気相手に仕返ししたい!でも犯罪は犯したくないし・・どこまでなら大丈夫?」 夫の浮気相手に対し、「 ...

3

「慰謝料請求したいけれど証拠がない!こんな時どうしたらいいの?」 夫の浮気は確実!そうあなたは思い、 ...

4

浮気している夫に対し、相手の女性と別れさせて再構築したいと思っている方も意外に多いようです。浮気は許 ...

5

夫が浮気しているから別れたいという方は意外に多いようです。 ただ、有利に離婚するためにはちゃんとした ...

6

夫の怪しげな態度に浮気を疑った際は、どうしても白黒つけたくなるのは当然の心理です。今すぐにでも本当に ...

7

「浮気相手に慰謝料請求したい」「浮気をするような人とは離婚したい」「夫が浮気をしているので探ってほし ...

8

「浮気調査の相場がわからない!1日15万円は適正金額なの?」 夫の浮気を予感した時、最初に思うのが「 ...

9

夫が浮気しているかどうかを確かめたい!と思った多くの方は、インターネットや電話帳などで探偵を調べて、 ...

10

「浮気調査ってどれくらいかかるの?」「いつ浮気してるか分からない時はどうしよう?」 朝帰りが増えた、 ...

11

出来るだけ費用を抑えて浮気調査を探偵に依頼したいと思ったら、やはりピンポイントで日程を決めて調査をお ...

12

「浮気相手は誰?どうやって調べたらいいのか分からない!」 急に夫の帰りが遅くなったり、出張が増えた、 ...

13

「慰謝料請求に浮気相手の住所が必要!どうやって調べたらいいの?」 夫の浮気相手に対して、慰謝料請求を ...

14

「浮気相手の個人情報を知りたい!探偵にどこまで調べてもらえるの?」 夫の浮気相手が誰なのかが不明な場 ...

-夫・浮気相手にできる制裁

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気調査の教科書~失敗せず確実に浮気を解決~ , 2018 All Rights Reserved.